不倫で会えない、疲れた、冷めた…不倫が終わる時と終わり方、別れ方

管理人一押しの浮気に強い探偵事務所一覧

・不倫相手に会いたい!でも会えない・・・辛い日々
今現在不倫をしていて、あまり会えないしもう疲れたな・・・などという状況の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

不倫はもともとお互いの心の隙間を埋めたり刺激を求めたりするために始まることが多いですが、全く好みではない相手とはできませんよね。
やはり、お互いに「不倫相手に会いたい」と思って日々過ごしていることが多いでしょう。

でも現実はどうでしょうか。

平日に毎日定時で仕事を上がって帰って来ていた旦那が、急にある曜日だけ遅く帰るようになったら?
妻は、すぐに異変に気づくでしょう。

「帰りに同僚と飲んでた」「実はその曜日に習い事を始めて・・・」などという下手な嘘をつけば、ますます疑惑は深まってしまいます。
妻の勘を甘く見てはいけません。

週末は週末で、男性は家族サービスをしなければならないでしょう。
動物園にテーマパーク。子どもがいるご家庭ならなおさらです。
そして夕食は一家団欒。
そのあとで、不倫相手のところへ出かけていく気になれるでしょうか?
さすがに子どもに対して罪悪感を持ってしまう男性が多いかも知れません。

不倫関係では、二人で会う時間を作るのは簡単ではありません。
特に、男性のみならず女性側も多忙な場合には難しくなります。

会えない日々が当たり前になってしまった二人。
会えない。辛い・・・。
疲れたな、こんなに辛いなら、もう終わりにしていつも一緒にいられる彼を見つけた方がいいかな?
不倫をしている女性の辛い本音かもしれません。

・証拠隠滅やビクビクすることにもう疲れた!
不倫をするからには、完全に妻や夫にばれないようにしなければなりません。
どんなものが証拠になり得るか分かりませんから、細心の注意を払う必要があるのです。

コンビニのレシート一つでも、不倫を疑われることがあるでしょう。
ましてや高速の料金の請求、カード請求に怪しいところがあれば、すぐに家族にバレます。
ジャケットやコートに付いた相手の香水の香り、車内のゴミ、スマホのロック画面に出る表示・・・。
全てに注意を払わなければならないのです。

何か忘れているのではないか、勘付かれているのではないか。
そんな気持ちでいると、自分では意識していなくても挙動不審になってしまうもの。
それによって、さらに疑われるという悪循環に陥ります。

そんな日々が続けば、誰だって疲れてきます。

もう疲れた、不倫なんてやめよう。
そういう気持ちになってくる方も多いのではないでしょうか。

・不倫相手への気持ちが冷めてしまって別れたい
付き合い始めたころは刺激的で燃え上がる不倫。
いけないことをしているという気持ちが、ますます二人を夢中にさせるのです。

この先パートナーと別れて結婚したいとまでは思っていなくても、二人で会っている時にはれっきとした恋人同士です。

しかし月日が経てば、新鮮さや刺激をあまり感じなくなってしまいます。
もともと本気で愛していたわけでなく、平凡な毎日に刺激を与えるためだけの相手だったのなら、すぐに気持ちが冷めてしまうこともあるでしょう。

そのうえ不倫相手が「奥さんと別れて」などと言って来たら?
もう、すっかり冷めたわ・・・という気持ちになる男性も多いのではないでしょうか。

不倫はリスクが伴いますから、冷めてしまった相手といつまでも会う必要は無くなります。
自然と、別れを考えるようになるでしょう。

・不倫を終わりにしたほうが良い理由
別に当人同士が良ければ不倫関係を続けても良いのでは?と思われがちですが、やはり不倫関係はできることなら早めに終わりにしておいた方が良いと言えます。

例えば、若い独身女性と子どものいる既婚男性の不倫だったとします。
既婚男性は、妻と離婚してまでこの女性と一緒になる覚悟はあるでしょうか?

妻と離婚をして不倫相手と結婚をした場合、妻を傷つけるのはもちろんのこと、子どもがいた場合に一番傷つくのは誰か、言われなくてもすぐにわかるでしょう。
そう、一番傷つくのは子どもです。

親から捨てられた。
このような気持ちは、間違いなく一生消えない傷となって子どもの心に残ってしまいます。
そのトラウマのせいで、将来幸せな家庭を築けなくなってしまうかもしれません。

妻や子どもを不幸にして、心から幸せになれますか?
心の何処かに、重い罪悪感を抱えたまま一生暮らしていくことになりかねません。

また、不倫相手と結婚をする気が無いのに、そのままズルズルと何年も不倫関係を続けて行ったらどうなるでしょうか。

不倫相手の女性はまだ若く、未来があります。
女性として一番輝き、綺麗でいられる時間には限りがあるのです。

筆者の周りでも、すごく魅力的な女性が年上の既婚男性と長く不倫を続けていました。
学生時代には何人もの男子から言い寄られていたような美人です。
彼女は結局、女性として一番輝いていた時期を不倫相手と過ごし、その恋は実ることなく終わってしまったのです。

その時期に普通の恋愛をしていれば・・・と、傍から見ても悔しく思いますし、相手の既婚男性に対しても、彼女を都合良く扱っていたのかと思うと腹立たしい思いです。

このケースのように、無責任な不倫を続けることによって女性の未来を奪うことになってしまったら?
男性側はそのことに対する罪悪感をずっと抱えて生きていくことになるかもしれません。
また、女性側はずっと消えない恨みを抱えて生きていくことになってしまうかもしれないのです。

不倫は、家族を裏切る行為です。
そのうえ、不倫相手の未来を奪ってしまう行為にもなり得るものです。

そう考えたら、ただ一時の快楽のための不倫を、今後も続けて行こうなどとは思えないのではないでしょうか。

・不倫が終わる時・・・上手な終わり方、別れ方とは?
人間、今まで習慣的に行ってきたことはなかなかやめられませんし、愛着のあるものを手放すのは辛いもの。

例えばスマホやゲームに依存してしまっている人に、今すぐやめろと言っても無理な話です。取り上げられたら、半狂乱になってしまう可能性もあります。
また、今日から絶対にダイエットをするぞ!と固く心に誓っても、数日後には大好きなチョコレートに手が伸びてしまう、などという方もいるでしょう。

不倫を終わらせるのも、それと似たような辛さがあるかも知れません。

でも不倫を本気で終わらせたいなら、固く決意をして別れを実行しなければならないのです。
それができないと、ズルズルと続けていくことになってしまいます。

<終わり方、別れ方その1 デメリットを考える>
どうしても振り切れないのなら、不倫の末路を考えてみましょう。
もし、不倫が周囲にバレたらどうなるでしょうか。

男性の場合、妻にバレた時の事をリアルに想像しましょう。
不倫男とは即離婚だ!となれば、妻は高額の慰謝料を要求して来るはずです。
それを払う事が出来るでしょうか?
晴れて不倫相手だった女性と結婚しても、生活費と妻への慰謝料、子供の養育費が重くのしかかるのです。一生稼ぎ続けることができますか?
慰謝料と養育費を払うために借金地獄に陥る、なんていう可能性だってあります。

このような事が現実になると考えたら、火遊びを一生後悔することは目に見えているでしょう。
恐ろしいことになる前に、不倫をすっぱり終わりにしようと思えるのではないでしょうか。

女性の場合だってそうです。
今不倫相手と別れて婚活を始めれば、一生そばにいてくれる優しくて経済力のある彼と出会えるかも知れません。
女性の若さは一生続くわけではありません。年齢を重ねてから、あの時不倫なんてやめておけば・・・なんて後悔したって遅いのですよ。

このように不倫を続けることのデメリットを考えると、別れに対して踏ん切りがつくのではないでしょうか。

<終わり方、別れ方その2 自然消滅を狙う>
会って話し合ってしまうと、どうしても離れがたくなってしまうのは良くある話です。
これでは、いつまでたっても終わりにできませんよね。

この不倫を終わりにしようと決めたら、計画的に自然消滅を狙っていきましょう。
連絡する機会を少しずつ減らし、最終的には連絡をやめるのです。

電話は着信拒否に、LINEなどはきっぱりブロックしたり削除したりして一切相手からの連絡を絶ちます。

相手にしてみたら、ひどい!突然裏切られた・・・と感じてしまうと思いますが、誰も傷つかずに終わるというのは難しいもの。
本気で別れたいのなら、心を鬼にするしかないでしょう。

<終わり方、別れ方その3 新しい恋人を作る>
不倫に期待をしても、未来が無い事がほとんど。
特に若い女性と既婚男性の不倫では、女性側が傷ついて終わる事が多いのです。

「妻とは別れる」を本気にしてはダメです!
本当にあなたを幸せにしてくれる彼氏を見つけましょう。

新しい恋は、傷を癒し前の恋を忘れさせてくれるもの。
「好きな人ができたの」と言えば、不倫相手と別れざるを得ない状況になりやすいと言えます。

いかがでしたでしょうか。
不倫は気持ち的にも辛いですし、バレないように証拠隠滅を続けるのも疲れます。
お互いの幸せのためにも、すっぱりと終わりにした方が良いことも多いのです。

リスキーな関係をいつまでも続けず、お互いの本当の幸せのために歩き出しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA