『浮気してるのはわかってるんだから』はNG!不倫を泳がすメリットとは

 

LINEのポップアップに女性の名前で絵文字たっぷりのメッセージが入ってきた。
かかってきた電話に目の前で出なくなった。
頻繁にスマホのロックを変更しセキュリティー万全な状態になっている。
出張や残業が増えた
接待だと言ってたのにおしゃれなレストランの2名と書かれた領収書が出てきた。
車のシートの位置が変わってる。

『あれ?浮気してる?』と気づくのは女の勘なんて言われていますが、怪しい行動って目立ちますよね。

こっそりとスマホを覗き見たら真っ黒…なんて事もあるでしょう。
浮気をされた!と頭に血が上ると即刻『あなた!浮気してるでしょ』とスマホを印籠のように見せ付けて問い詰めてやりたいと思いませんか?

しかし、もし、『浮気が発覚したら離婚しよう』とか『再構築するにしても制裁したい』『浮気相手から慰謝料を取りたい』と思っているなら問い詰めるタイミングが早すぎます。

たとえば、『残業で遅くなる』と夫が行っていたのに、会社の後輩とのみに行っており、女性から『昨日はご馳走さまでした』とメッセージが来てきたとします。

この相手が浮気相手の可能性もあります。
しかし『上司のセクハラに悩んでいて相談を受けていた』
『辞めたいと言い出したので説得していた』など言い逃れはなんとでも出来てしまいます。

『また飲みに行こうね』など絵文字たっぷりのラブラブメールも、よく見れば水商売のお姉ちゃんの営業メールだったなんて事もあります。

高額な女性ブランドの領収書が出てきても『取引先の娘さんの買い物の代行をさせられた』と言い逃れをするつわものも居ます。

浮気をすぐに素直に認めて、謝罪をし、すぐに関係を清算、あなたの納得する方法で再構築できるのならすぐに問い詰めるのもそれ以上浮気を進行させないためには効果的ではありますが、ほとんどの場合は認めない、謝らない、ずるずると隠れて関係を継続させるでしょう。

浮気を問い詰めたいなら、確実な証拠を得ていない状態だといくらでも逃げられてしまいます。

もし、本当に浮気をしていたとしても、あなたが浮気を怪しんだ時点で浮気を清算したり、証拠をすべて消してなかったことにするなんて事も考えられます。

浮気してるかも…と思ったら、沸騰しそうな気持ちを抑えて『泳がせる』事が重要です。

もし、浮気してるだろうと問い詰めてしまえば、

●今はスライドロックだけのセキュリティー甘々なスマホに2重でロックをかけてしまうかもしれません。

●浮気相手とLINEでやり取りをしているのにポップアップを非表示にしてしまうかもしれません。

●休日に浮気相手と出かけたナビの履歴をそのつど削除するかも。

●携帯をもう一台契約して浮気相手との連絡専用にしてしまうかもしれません。

●愛人とのデート用に別口座を作ってしまうかもしれません

そう、浮気していることに気づかれたと感じると相手は警戒し、今までつかみやすかった証拠もつかめなくなってくるのです。

浮気の証拠集めは、『あなたが浮気してるなんて微塵も思っていないわ』というフリをしながらこっそり迅速に行いましょう。

まず、夫のスマホの中身が見れる場合は、メッセージのやり取りをする主流となっているLINEからチェック。

頻繁に会話のやり取りがある女性がいないかをメッセージ一覧でチェックしてみてください。

男性の名前なのに、スイーツの写真だったり、かわいいペットの写真だったりする場合は、名前を変えてカモフラージュしている場合もあります。

怪しいメッセージのやり取りがないからと行って安心してはいけません。
次に友達一覧で見覚えのない異性の名前がないかチェックし、トーク画面を個別に開いていきましょう。

会話を非表示に設定しておけば、会話一覧には表示されませんが、個別に開くことで会話はすべて表示されます。

LINEの会話は編集できますから、会話が成り立たない部分がないかもチェックしましょう。

決定的証拠になりそうな文章を削除していても相手に削除したことがバレませんから証拠隠滅が簡単に出きてしまうわけです。

LINEのタイムラインやSNSにも目を光らせておきましょう。

頻繫にいいねをする女性やコメントをしてくる女性はいませんか。

出張には一人で行ってるはずなのに自撮りではなく誰かに撮影されているような写真が投稿されている場合は、愛人との旅行ということも考えられます。

怪しい人間を見つけたら、夫の出張中や残業中の行動をチェックしたいところですが、公開範囲を制限していることがほとんどです。

どうしても近づきたい場合にはアカウントを作成して承認してもらいましょう。

インスタグラムなら写真投稿がメインで、公開範囲を広くしていることもあり、本名でアカウントを取る必要もないので近づきやすいのではないでしょうか。

怪しい投稿を見つけたら必ずスクショを取って証拠を残しておきましょう。

浮気相手とのメッセージのやり取りをするために、マイナーなメッセージアプリをインストールしている場合もあります。

LINEでやり取りしているのにカカオトークのアプリがある、フェイスブックのメッセージチャットアプリを頻繫に開いているようであればそちらもチェックしておきましょう。

着信・発信履歴についてもしっかりチェックしてください。
怪しい名前が見つからないという場合には件数をチェック。
20件履歴が残るはずなのに15件しか履歴がないなんて場合は浮気相手の履歴のみを削除している可能性があります。

非通知や公衆電話からの着信があったり、発信履歴があるなんて場合は、浮気相手の名前をカモフラージュして登録しています。

浮気をしているかいないかの判断というのは、夫のスマホや携帯のロックを突破し、中身を覗き見れるのであれば見つけるのはそこまで難しくないでしょう。

スマホから得たい情報は、浮気相手の名前や職場などの情報。
そして、夫や愛人に徹底的に制裁したいのであれば、『肉体関係がある』という証拠です。

不倫を始めたばかりの間柄なら、障害のある恋におぼれる自分に酔う女性もいるのでホテル名や肉体関係の感想などをメッセージとして伝えてくることもあります。

いわゆる地雷女であれば、夫婦関係を壊してでも夫を奪いたいとあなたにコンタクトをとってくることもあるでしょう。

堂々とあなたの前に姿を現す『オイタな女』であれば話は早いのですが、ほとんどの場合は『離婚したいなんて思っていない』夫と『家庭を壊すつもりなんてない』愛人です。

『奥様には内緒で』など妻子ある事をわかったうえで不貞行為をしているということがわかるメッセージも証拠としてとっても有効です。

スマホを覗き見ることである程度の証拠集めが出来ますが、残念ながら『浮気慣れ』している男性は危機回避能力に長けています。

愛人とのメールは即削除、履歴も残さず領収書も持ち帰らない。
愛人にも●時からは電話にもメールにも答えられないと伝え、休日も何食わぬ顔をして家族サービスをする浮気のプロみたいな男性は素人が証拠集めをしようとしても困難である事が多く、愛人とホテルに入る瞬間と出てくる瞬間の証拠写真を撮らないことには不貞行為を証明できないなんて事もあります。

素人が尾行をするなんていうのはほぼ不可能。
顔バレしてしまう危険性がありますし、尾行されていることを気づかれた上で逆に踊らされてしまうこともあるでしょう。

目の前で決定的証拠を目撃してしまって、証拠を撮る前に乗り込んでしまうなんて話もよく耳にします。

冷静に浮気の証拠をつかめそうにない・ガードが固くて証拠なんでつかめないという方は、探偵に依頼し浮気調査してもらうことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA