自力で不貞の証拠集めをするのは危険?『損をする証拠集め』とは?

「パートナーが浮気している!?」なんとなく勘が働き、浮気を怪しんでいるものの、何からすべきなのかわからないという方が多いです。

勘が働いたということは日常の何気ない行動などから怪しむ要素があったということですね。
まず、浮気を怪しんだきっかけについて整理しましょう。

携帯を持ち歩くようになった・着信音を消している・ロックが頑丈・履歴を削除している・残業、休日出勤が増えた・おしゃれを気にするようになった・記念日でもないのにプレゼントを買ってきた・八つ当たりが増えた・家事が手抜きになった・生活費を入れなくなった・名前で呼んでくれなくなった・車の座席の位置が変わってる・趣味が変わった

などなど、浮気を怪しむきっかけは色々ありますよね。

日常の態度でなんとなく怪しんでいる方もいれば、スマホをこっそり覗いて決定的な会話を見てしまったという方もいますね。

今回は自力で集める浮気の証拠で得をする証拠集めと損をする証拠集めについて解説していきたいと思っています。

これから証拠集めをしようと思っているかた、今手元にある証拠を突きつけてやろうとおもっている方は最後までお読みください。

まず、浮気をしていることがわかった場合、離婚する・しない、再構築する、目をつぶるなどがありますが、どの道を選ぶにせよ浮気の証拠は手に入れておくのをオススメします。

離婚になった場合、財産分与や親権を優位に進めることが出来ますし、再構築するにしても慰謝料をとりたい場合には証拠がなければ言い逃れをされるでしょう。

「一回の浮気で離婚はない」と思っている方もいますよね。
子どものことを考えたり、慰謝料をとるよりも夫をATMにして割り切るほうがお得だという方もいます。

しかし、浮気を何度も繰り返されたり、モラハラやDV夫に変貌してしまうことも考えられます。

結局離婚することになったなんて場合、浮気の証拠をつかまずに離婚となれば慰謝料も取れず泣き寝入りすることになります。

証拠は温存しておき、必要なときにすぐに利用できる状態にしておきましょう。

夫や妻の携帯をすでに見てしまったという方は、すでに証拠がそろっていると思っていませんか?

「早く逢いたい」「次のデートがたのしみ」「奥さんとはいつ分かれてくれるの?」「夫に愛情なんてもうないわ」こんな会話内容をスクショや写真で残していませんか?

たしかに、このようなメールのやり取りをしているということは特別な関係である可能性は高いですよね。

ですが、これだけで浮気を問い詰めてしまうと損をしてしまうことになります。

いくら決定的だと思った会話でも「冗談でした」「そんなつもりはないです」と突き通されたしまえば、それ以上の証拠が必要になってきます。

次の証拠を集めようとしている最中に関係を清算されてしまえば二度と証拠をつかむことはできませんし、あなたが携帯を見たことを知られれば、より頑丈なロックをかけたりガードが固くなることは目に見えています。

この時点で探偵に依頼して証拠集めをしても、密会の数を減らされたり、ツーショットでの行動を控えられれば証拠をつかむチャンスが減ってしまいますから、調査日数もかかってしまい、調査費もかさんでしまうかもしれず損です。

浮気の証拠集めで一番得をするのは「浮気していることに気づいていないフリ」と「浮気の証拠集めなんてしてないフリ」です。

「飲み会で遅くなる」「ママ友と旅行」「同窓会」など「おいおい、浮気相手と会うのはわかってるんだよ…」と言いたくなる場合でも「行ってらっしゃい」と送り出す。

変装をして尾行すれば、パートナーと浮気相手が密会しているところを写真で抑えることが出来るかも知れません。

しかし、不貞行為は一回きりの証拠だけでは効果は薄いです。
毎回決定的な証拠を撮影できる可能性は低いでしょう。

デジタル機器での写真撮影は捏造だと言い逃れをされてしまう可能性もあるのでアナログ機器で撮影する必要があります。

ブレていたり、はっきりと顔が映っていないものでは証拠になりません。

ラブホに複数回出入りしている証拠があれば不貞行為の証拠となりますが、リゾートホテル、ビジネスホテルの出入りではレストランや会議室などがありますから不貞行為の証拠とはならない可能性もあります。

温泉旅館で浴衣姿のツーショット写真も浮気していることは明白な証拠となりそうですが、慰安旅行やコンパニオンと言い切られてしまう可能性もあります。

このように、「どこからどう見ても浮気の証拠でしょ?」と思う証拠を集めても不貞行為の証拠として役に立たないなんて事もあるわけです。

必死に時間を割いて尾行し集めた証拠が無駄になることもあれば、尾行中に交通違反を起こしたり、ターゲットに見破られて踊らされることやまかれることもあるでしょう。

ターゲットに尾行がバレれば、今後二度と証拠をつかむことが出来なくなってしまうこともあり損をします。

探偵に依頼して浮気の証拠集めをするという方は、事前に日記などをつけておくのをオススメします。

浮気相手との密会のペースがわかる事がありますし、文字にすることで気づけることもあります。

親権を取りたいと思っているなら、子どもの養育についても日記をつけましょう。
こどものお弁当つくりや休日の過ごし方など、子どもとなるべく一緒にいることを日記に書いたり、写真つきでSNSに投稿したりすれば育児実績が証明されて有利になります。

妻の浮気に対して父親が親権を取りたいと思っているならこの育児面は大切です。

そして、浮気相手にお金が流れていないかもしっかりチェックしてください。
愛人の生活費を面倒みている、毎回食事や宿泊代を捻出しなければいけない場合はかなりお金がかかります。

離婚する際に財産分与を有利にすすめたいなら家計面でもしっかりと確認しておきましょう。

奥様に家計をまかせっきりという旦那様は、離婚時に妻の多額の借金が明らかになってしまうなんてことも無料掲示板などを見ていると多いようです。

専業主婦の方は、浮気の証拠集めをするほかに、仕事探しや引越し先の目星をつけるなどしなければなりません。

子どもの権利である養育費が払われたとしても、子どもを引き取り生活していこうと思っているなら、慰謝料や財産分与だけではすぐに生活が苦しくなってしまうこともあるでしょう。

証拠集めもまだ完璧でないうちに浮気を責めたり、問い詰めてしまうとすべて水の泡になってしまう可能性もあります。

損をしないためにも興信所に証拠集めを依頼するほうが賢明でしょう。

自力で証拠集めが出来ればお金面での節約は出来ますが、一個ミスすればすべてがパーです。

探偵なら顔が割れることもありませんから自力では集めることの出来ない証拠が集まるでしょう。

浮気の証拠だけでなく、浮気相手の素行調査もしてもらえます。

探偵に依頼するにしても、出来る限り短時間で確実な証拠を数多く集めたいですよね。

探偵事務所は沢山ありますが、出来る限り大手の探偵数が多い興信所に依頼することをオススメします。

小規模であれば「即日調査不可」の場合があります。

「今日会社に泊まることになった」など、浮気相手と密会することがバレバレなとき、即日調査可能な探偵事務所なら●時から●時に調査をお願いしますと依頼できれば、証拠を取れるチャンスは広がります。

ピンポイントで調査出来れば、確実な証拠がつかめるというメリットのほかに短期間で多くの証拠を集めることが出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA