慰謝料が払えないと言われたら…

夫や妻の浮気、疑ったらすぐに証拠集めをすることをオススメします。

浮気の証拠の集め方で有効なのがやはりスマホ。
スマホなら浮気相手とコンタクトを取った証拠が必ずあるはずです。

浮気初心者であればLINEのポップアップ表示で浮気が発覚するなんて事もあり、以外と簡単に浮気している確証がつかめるかもしれませんが、問題は複数回浮気をされている場合です。

スマホのロックは頑丈でしょうし、定期的にパスワードを変更して手の動きなどで解明できたとしても気がついたら変更されてしまってるなんて事もあるでしょう。

LINEでの浮気バレが多発していますから、浮気相手との連絡はSNSのメッセンジャーやカカオトークなどのメッセージアプリをインストールしているかもしれませんし、サブアドを浮気相手専用にしているかもしれません。

体だけの関係なら出会い系サイトで相手を見つけている可能性もありますよね。

最近は男性よりも女性が出会い系サイトに登録し、昼顔妻の相手を探しているなんて噂もあります。

スマホを覗き見ることに成功したら、メッセージツール以外にもしっかり目を光らせましょう。

スマホのチェック項目は「発信着信履歴」「メール」「LINE」「フリメ」「SNS」「アプリ」となかなかチェック範囲が広くなります。

妻や夫がお風呂に入っている間や、就寝時などタイミングを見計らってこっそり覗くことになると思いますが、少しづつチェックするのは携帯を覗き観てることがバレてしまう可能性もありますし、パスワードを頻繫に変えられたら足止め状態になります。

そこで注目したいのがパスワード管理アプリ。

自分でも忘れないようにパスワードを控えている事が多く、アカウントなどもひとつのアプリで管理されていたりします。

ロックのパスワードはこまめに変更してもアカウントまで変更することはないでしょう。

「写真データパソコンに移さないと全滅したらどうするの?」なんて焦らせればパソコンとスマホを同期させるかもしれません。

そうなればこそこそと携帯を覗き見るチャンスを狙わずともスマホの中身が見れたりします。

浮気してることが確実だなと感じたら、次は浮気相手の目星をつけましょう。

職場の人間、SNSで再会したモトカレやモトカノ、出会い系など浮気相手の正体を暴きましょう。

そして、既婚者である事を知っていて関係を持っていることがわかるメールのやり取りなども重要です。

しっかりと浮気の証拠を集めることが出来れば浮気相手から慰謝料を取ることも可能です。
収入などにもよりますが浮気の慰謝料の相場は50万から300万とも言われています。

離婚して当面の生活費、探偵を雇って浮気調査した費用、家政婦を雇う費用など、離婚には色々とお金がかかることもありますし、浮気した二人にはそれなりの制裁が下ります。

もし慰謝料が払えないなんて言われてしまったらどうしましょう。
「ないものはない」と言い切られてしまったらどうしますか?

もしかしたら愛人や間男の慰謝料を夫や妻が肩代わりしてあなたにこっそりと支払うことになっているかもしれませんよ。

浮気相手を特定できても、相手の収入などを調べることってなかなか素人では難しいですよね。

浮気相手から慰謝料をしっかり取りたいなら、ある程度の証拠集めは自力でしても、深追いせずに探偵にお任せしたほうが良い場合があります。

自分で証拠集めに奮闘すると、浮気を疑って動いている事がバレてしまう可能性が高いわけです。

スマホをこっそり見ていたり、会社帰りの夫や妻を尾行してるつもりがバレバレだったり…
浮気調査をしていることがバレてしまえば、より警戒されてしまって証拠を掴むまで長い時間かかってしまったり、証拠を掴む前に関係を終わらせてしまうこともあります。

探偵にお任せするメリットとしては対象者にバレることなく決定的証拠が手に入る可能性が高い・証拠集めでこっちが不利になるのを防げる・浮気相手の身辺調査までできるという点です。

もし夫の浮気相手が既婚者で専業主婦だった場合、収入がないわけですから慰謝料を請求しても払えないといわれるかもしれません。
しかし、夫の収入が高かったり、親の財産を借りてなら払える場合もありますよね。

個人で「相場の250万を支払え」と訴えても無視されたり言い逃れをされるかもしれませんが、身辺調査の結果次第では浮気相手の顔を見なくても、内容証明を送りつけることは可能です。

あちらも既婚者で、年収の高い夫と簡単に離婚なんてしないでしょう。
慰謝料を支払わなければ泥沼化するのは目に見えているのですから、お金で解決するしかないとどんな手を使ってでも支払ってくる可能性は高いです。

慰謝料というのは一括で支払うのが原則です。
あまりに高額の請求をすると、長引いてしまって取り損ねる可能性もありますし、分割の約束を途中ですっぽかされるなんて事も可能性は0ではありません。

請求を無視されれば法的手段をとることも出来ます。
夫に内緒で事を解決しようとしない図太い相手なら踏み倒してくるかもしれません。

無いところからは回収できないというのが、当たり前の民事原則です。
もし裁判で勝訴した場合でも固有の財産のみしか差し押さえは出来ません。

分割に応じるか、慰謝料の減額を飲むかの判断は重要となるでしょう。

夫にバレたくないという後ろめたさのほかに、職場バレを恐れていることもあるでしょう。
エリートコースを突っ走っている男が妻と不倫したことが発覚すれば、職種によっては出世の道を断たれてしまうなんて事は十分に考えられます。

会社には言わない代わりに一括で慰謝料を払うようにと請求することも出来ます。

不倫の代償って芸能人であれば違約金だったり莫大な慰謝料などが話題になりますが、一般人ではそこまで高額な慰謝料を取るのは難しい場合もありますよね。

慰謝料を貰うよりも、このまま夫の稼ぎを頼りに生活していったほうがメリットが高いと感じたら離婚を考えるのは早計かもしれません。

しかし、離婚しないからと言って、浮気の証拠も掴まずに泳がしていた場合、最悪の場合、相手から離婚を切り出されたり、事実無根の離婚理由を捏造されてしまう可能性もあるのです。

DVやモラハラなどを逆に訴えられてしまうかもしれませんから、相手には浮気を疑っているという素振りは一切見せずに速やかに浮気調査を開始しましょう。

いざ浮気調査をするとなれば探偵選びに迷うかと思いますが、できるだけ有名で多くの探偵を抱えている探偵を選ぶほうが良いでしょう。

こじんまりと事務所を構えているほうがアットホームだと感じるかもしれませんが、抱えている案件が処理しきれないと即日調査に対応できない可能性があります。

「明日の夜会社に泊まる」なんて怪しい言い訳をしてきたときは浮気相手と密会するだろうと目星をつけますよね。
即日調査できる探偵なら証拠集めのチャンスを逃さないわけですが、対応が遅れると次の密会チャンスまで証拠が取れることはないでしょう。

そうなるとずるずると長期間調査することとなりその分費用もかさみます。
探偵の数が多ければ即日調査にも対応できますし、抱えている調査車両も多いはずです。
愛人宅の前に毎日のように同じ車が停まっていれば不信がられますが、調査車両が多ければ怪しまれることもありません。

きっちりと慰謝料を取るためには賢く証拠集めをして、もし離婚となった際に浮気された側のあなたが泣き寝入りするなんて事のないように動きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA