息子・娘の結婚相手に納得してる?結婚前の身辺調査をすべき理由とは

大切に育ててきた子どもの結婚。
手放しに喜ぶ人もいれば、『本当に幸せにしてもらえるのか』なんて思うこともあるでしょう。

結婚とは山アリ谷アリ。
自分たちの結婚生活で痛感しているからこそ子どもたちには幸せになって欲しいと思いますよね。

小さい頃から厳しく育てて、親の期待にこたえて勉強し、希望する道に進んだ息子。
一度も一人暮らしすることなく親孝行な娘。

結婚させてくださいという挨拶の際、どんな相手なのかというのを見破れる人もいれば見破れないという人もいるでしょう。

大切な娘の相手として、息子の相手として不服はない!と断言できますか?

結婚というのは子どもたち同士だけの問題ではありません。
家庭同士の折り合いも重要となってきます。

子どもは結婚という二文字に今は浮かれてしまっている状況かもしれませんね。
借金はないのか、他に交際相手がいるなんてことはないのか、相手の身内に問題はないのか。

色々心配になってしまいますよね。

しかし、娘や息子の前で相手のことを詮索してしまうと、微妙な空気が流れてしまうことも考えられます。

長男なのか?
親は何をしている人なのか?
など質問できても万が一嘘をつかれていたらどうしますか?

嫁にやったもののすぐに同居させられ若いうちから介護させられる
身内に犯罪者がいる。

隠さずに告白されれば親も口はさむことは出来ますが隠されていては結婚後に発覚なんてことも考えられるのです。

最近では結婚前に身辺調査を依頼する人が増えています。

身辺調査を依頼するのは興信所。
探偵です。

探偵といえば浮気調査のイメージが強いかもしれませんが、実は結婚前の身辺調査も依頼できます。

結婚してすぐに浮気が発覚なんて目も当てられませんよね。
今現在、他の異性と交際をしている影がないか。

黙ってギャンブルをしているなんてことはないか、犯罪歴はないか。

娘や息子かくしていることはないか、しっかり調査するのも最後の親の役目といえるのではないでしょうか。

身辺調査では過去の経歴や身内の情報まで調べることが出来ます。
本人がどのような人間であるか。
職場について・実家について・家族についてなどがわかります。

直接聞けない、娘や息子がわからないと言ってるなんて場合は探偵の力を借りてみるというのも手です。

もし自分が『●●さんって~~みたいよ』なんて噂話を聞いてすべてを信じきることはなくてもなんとなく引っかかったり、まさか…と思っていても気になったりしませんか?

愛する人と結婚するという希望のある時期に、婚約者が大事なことを隠していたなんてことが知れれば結婚にストップをかけるのは難しいことです。

親の意見なんて聞かずにそのまま話を進めてしまうかもしれません。

いくら地位のある仕事をしていても、婚約者の身内に犯罪者がいれば職を失ってしまう可能性もあります。

浮気症な相手であれば、結婚した後も目を盗んで浮気を繰り返す可能性はありますね。
浮気が職場にバレたらエリートコースから簡単に振り落とされる場合もあります。

見た目は良いところのお嬢さん風でも、服装なんてあらゆる雑誌やネットに『カレママに気に入られる服装はコレ』なんて特集が組まれているのです。

その場限りで頭を黒く染めて清楚な服をまとっていても、本当はタバコを吸ってギャンブルにはまっている女性であれば、子育てを放棄する可能性だってあるでしょう。

服の下にタトゥーが刻まれてているかもしれません。

結婚後に発覚したことすべてに『もう結婚したんだから仕方ない』とあきらめることは出来ますか?

借金を隠されて、結婚後に子どもも作れず共働きを強制されてボロボロになる娘を見ていられますか?

結婚相手の身辺調査をするなんて過保護だ
そんなことを思う方もいるでしょう。

しかし、婚約者に内緒で水商売をしていて、客に貢がせ逆恨みされてストーカー被害にあったり、リベンジポルノが出まわるなんてこともあるわけです。

夫婦の問題は夫婦で解決しなければなりません。
しかし不幸になることがわかっている相手に大切な娘や息子を手渡したいと思う親はいないでしょう。

探偵は結婚前の身辺調査だけではありません。

結婚もしていない娘に『子どもが出来た』といわれたらどうしますか。

相手はダレだとなりますよね。
相手はわかっていても、子どもの親になれない場合というのがあります。

そう、既婚者との関係です。

娘さんが相手が既婚者である事を知らずに付き合っていたのなら、慰謝料を請求される可能性は低いのですが、知っていたうえで関係を続けていたとなると、相手の奥様から訴えられれば慰謝料を払わなければいけないという問題も発生します。

いち早く相手を特定し、堕胎費用や慰謝料を請求するためにも探偵の調査は使えます。

相手の職場に内容証明を送りつけることも出来ます。

大事な娘を孕ませて逃げる男というのも世の中にはいますから探偵への依頼は強い味方となるでしょう。

交際中でまだ結婚話が出ていなくても、いずれ結婚話が出るのではないか?という時などにも調査は役立ちます。

傷の浅いうちに徹底的に調べて相応な相手か見極めることが出来ます。

『料理を極めるために栄養士の資格取るって学校に通ってる。』その費用を息子が出していたとしましょう。

学費100万円。
『結婚したら毎日おいしい料理を作ってあげたい』こんなことを言われたら誰だって嬉しいでしょう。

本当に学校へ通い、将来に生かせている人も沢山いますが、お金を巻き上げるための口実である場合もあるのです。

語学学校、料理学校。
手に職をつけるために通っているという場合に学費の面倒を見たりしているのは詐欺の可能性もあります。

本当に学校へ通っているのか、真剣に息子と交際しているのかを確かめることも出来ます。

浮気調査というのは、自力で出来る部分もありますが、素行調査というのは、まったくの他人の調査ですからミスが命とりになります。

潔白な人であれば、素行調査をしたことは徹底的に隠さなければなりません。
素行調査をしたことがわかってしまえば相手から交際を断られてしまう可能性もあるのですから。

プロの調査であれば、自分が動くことなく調べることが出来るのですから、バレることはないでしょう。

夫と喧嘩したと実家に子どもを連れて戻ってきた娘。
喧嘩の内容は些細なことであっても離婚問題に発展するのではないか?というときってありますよね。

性格の不一致で離婚となれば財産分与、養育費くらいしか取れないでしょが、もし夫が浮気しているなんて場合はそれに慰謝料が上乗せされます。

浮気されている当人は気づかなくても第三者なら気づくことってありますよね?
その場合も探偵の調査は役立ちます。

娘が実家に帰っている間は夫は一人暮らしなわけですから、好きなだけ浮気相手に時間を作るでしょう。

気が緩みきっている間を狙って調査すれば簡単に証拠は集まる可能性が高いです。

短期間で効果のある証拠集めが出来れば調査費用も節約できるでしょう。

相手から慰謝料も取れれば、娘が仕事を探したり、次の住む場所を確保するまでの生活費に困ることはなくなるのではないでしょうか。
いつかは親離れをしていく子ども。
成人しても大人になっても心配ごとは減らないものです。

幸せになるのには自分だけの力ではムリな場合もありますし、『結局親の言うとおりにしておいてよかった』と思うことがほとんどです。

子どもに後悔させない、自分が後悔をしないためにも結婚相手の身辺調査、気になる部分が少しでもあるなら依頼して安心することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA