『夫の愛人が既婚者だった』直談判で攻めるよりも効果的な解決法

夫のスマホをこっそり見たら愛人と毎日連絡を取っていた。
会話の内容からみると期間も長くかなり親密な関係の様子で肉体関係もありそう。

現在そういう状況にある方、今はまだ確信は持てていないけど浮気を疑っているという方。

離婚するかしないかはお子様がいたり、収入の問題もありますからすぐに決めることは出来ないでしょう。

浮気というのは妻に対しての裏切り行為なワケですから、夫を身一つで放り出せたらスカっとはするものの、正解は自分で決めるしかないのです。

今回は、夫の浮気が発覚、離婚するしないを決めるまえに妻が取るべき行動について詳しく解説していきたいと思います。

まずは、浮気をしているかしていないかについて確信をもたなければなりません。

「帰りが遅くなった」「夜の営みがなくなった」などで浮気を疑っても実は昇進がかかっている大切な仕事を手がけていてそれどころではなかったなんて勘違いをしてしまうと、浮気ではなかったとホっとする反面、夫の疑ってしまった罪悪感、もし問い詰めてしまった後なら亀裂が走ってしまうことだってあるのです。

浮気をしている人の行動はよくみればわかりますよね。
まずは携帯を常に持ち歩きだすなんて事は怪しさ満点。

愛人からの連絡も待っているわりに妻の前で連絡がきたらマズイと常に持ち歩くのです。

携帯を持ち歩くのは、妻にスマホの中身を見られないようにする予防行為でもあります。

ぜったいに浮気がバレたくないと思っている人ほど、複雑なパスワードを設定し、定期的に変更しています。

音にいちいち反応してしまわないようにするためと「誰から?」という質問を受け付けないために音を出さず常にサイレントモードにしていることもあるでしょう。

音は鳴らずとも、着信がきたり、LINEが届けば画面が明るくなりますから、それを見られないようにするためには画面を常にしたに向けて置いていたり、手帳型のスマホケースでカバーすることも。

最近浮気していることが発覚する原因として多いのがLINE!

画像も短文も気軽に送れて、スタンプで会話が出きるので、メールのように文面を考えて送らなくてもいいということからメッセージのやりとりはLINEが主流になっています。

やましいことがないならポップアップに相手の名前とメッセージの一部が表示されるのは画期的なシステム。

既読がついてしまうLINEですから「この人のはまだ見なくていいや…」という判断が出来るのですが、浮気をしている場合は愛人の名前とメッセージの一部が表示されてしまえば一発でバレてしまう可能性も高いです。

浮気でなくても、最近では水商売のお姉ちゃんもLINEで営業をかけてくるので、寝ている間に絵文字たっぷりのLINEが入ってきて問い詰められたなんて男性は多いようです。

そんな事態をさけるために、ポップアップを非表示にすることも可能です。

ポップアップを非表示に設定されてしまえば、届いたLINEの内容まで確認は出来ず浮気発覚に時間がかかってしまいます。

やましいことがなくても携帯は見られたくないと思っている方がほとんどだとは思います。
しかし、浮気をしている人はガードを何重にもかけているので余計に悪目立ちしてしまうようです。

浮気に慣れている人は、携帯から浮気がバレやすいということはわかっていますから、「実見られても何も疚しいことなんてないよ」と堂々と携帯を渡して見てもOKというスタンスを取る場合もあります。

これは、「この携帯には」怪しいことはひとつもないということかもしれません。
実は浮気相手専用のスマホを契約しており、家には一切持ち込んでいないなんて事も。

仕事用の携帯を浮気相手に教えて、家に帰ったら電源をオフにしている場合もあるようです。

画面がむき出しになっているスマホ。
ロックを突破しやすいのはスライドロックしかかけていない場合ですよね。
しかし、パターンロックやパスワードロックをかけている人がほとんどです。

別に見られてもOKだと思っているならいちいち面倒な入力をせずに携帯を操作したいワケですから、複雑なロックほど浮気をしている可能性が高くなるのです。

携帯に浮気の証拠が残っているはずだと思っても、携帯を常に持ちあるかれれば、就寝時も警戒して枕の下に入れ込んで寝ていたりするでしょうし、自分にしかわからないパスワードを設定しているでしょう。

携帯の機種によっては、パスワードを何度も間違えてしまうと数分間携帯が使えなくなったり、データが消えますという脅しの文章が出てきたりします。

あなたが夫の携帯を見たことがバレる事もありますからむやみに触れないという方も多いでしょう。

携帯がダメならパソコンを見てみるというのも手です。
パソコンとスマホを同期してパソコンで写真を保存していたり、パソコンでもLINEを使っている事があります。

浮気相手には、パソコンアドレス宛にメールを送らせているなんてこともありますからパソコンを責めましょう。

愛人との会話で決定的なものを見つけたいと思う気持ちもわかりますが、浮気をしていることがわかっても、言い逃れが出来てしまっては証拠とはいえません。

あくまでも肉体関係があるかどうかの証拠を集めたいところです。

会話の中で収集すべきなのが「毎週水曜の●時は会える」など愛人と会っている曜日や時間が決まっているなら抑えておきましょう。

そして、既婚者であるのにも関わらず関係を持っていると知りながら関係を続けているなら愛人から慰謝料を取ることも出来るわけですから「奥様には内緒で」などというワードも見つけたいですね。

次に、注目したいのがSNS。
パソコンでSNSにログインしたままになっていたり、パスワードを保存している場合もありますから簡単に入れちゃうことも。
フェイスブックなどでは個別にメッセージを送れるツールがありますのでチェックしましょう。

同窓会で元カノとモトサヤ不倫なんてのもSNSの普及で目だっているようです。
浮気相手を特定するという意味でもしっかり見極めたいですね。

浮気相手が誰か判明したとき、「浮気相手も夫と子どもがいる既婚者」だったなんてこともあるでしょう。

夫の不倫を辞めさせたいと思っているなら一秒でも早く不倫を辞めさせたいと思います。
しかし、中途半端な証拠だけを持ち、夫にこの人と不倫をしているだろうと問い詰めたところで、言い逃れをされたり、勝手に携帯を見たことを逆に問い詰められたりして怒りの矛先をすりかえられてしまうかもしれません。

完全に不倫を終わらせたいなら、「複数回セックスした」事がわかる証拠をつかんでください。

短期間に確実に集めようとされる方は興信所にお願いしている方が多いです。
自力で集める証拠なら浮気をしていること、数回セックスをしたことがあるなどがわかる会話を集めることは出来るかもしれませんが、写真となるとむずかしいですね。

それに、浮気相手の身辺調査も自力では難しいもの。

しかし探偵なら写真、調査資料などがありますから決定的証拠を突きつけられれば降参するしかないわけです。

直談判で責めるよりも、浮気相手の職場に内容証明を送ったり、相手の旦那様とコンタクトを取るなどもできるわけです。

もちろん、浮気した夫と離婚するとなった場合にも証拠は最大限活用できます。

両者からの慰謝料、財産分与、親権と夫有責で離婚することであなたが有利になるはずです。

「夫の浮気発覚で離婚するかしないかで悩んでいる」というのをよく聞きますが、浮気してるかも?と気づいたらまず離婚するしないの決断ではなく証拠集めを徹底的にすべきなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA