離婚後には恋愛も出来る

『離婚はしたいけど離婚した後に後悔してしまうのではないか』
そんなことを思っていませんか?

結婚と同じく離婚も人生を左右する大きな出来事です。
軽い気持ちで離婚を決めるのはオススメしませんが、最近では離婚はそれほど後ろ指をさされるようなことではなくなってきていますよね。

離婚原因のNO1は『性格の不一致』です。

結婚前には気づかなかったこと、結婚してから変わってしまったことなどが目についてしまうとストレスに感じますよね。

しかし、夫も妻も違う環境で育ってきたわけですから、全ての価値観が同じというわけにはいきません。

我慢しっぱなしも相手には伝わりませんし、相手を変えようとするばかりでもうまくはいきませんね。

夫婦関係がうまくいくコツってある程度は見てみないフリが出来るかどうかなのかもしれません。

なが~~いリードで夫のことを繋いでおくなんて賢い奥様は言っています。

しかし、夫婦間で全てを見てみないフリをしてしまっていると取り返しがつかないことになってしまう可能性もあります。

まず一つ目は『DV』
夫の暴力に悩んでいる奥さまは多いのですが、最近では妻のDVに悩む旦那様もいるんですって。

ヒステリーを起こし物にあたったり、夫を殴る奥様もいるとか…
相手の暴力に『私が悪いから殴られる』とか『俺が●●したからしかたない』と思っていませんか。

DVは、親から受けていた虐待から連鎖してしまうこともありますが、過去のトラウマなどが原因で暴力に走ってしまう方もいます。

出張が多い旦那様の浮気を疑ったり、寂しいと素直にいえないなんてときにヒスを起こした際に優しく対応されたりなだめられた記憶から、また優しくしてもらえるという思い込みをしていたり、暴力で支配できると思っており、『アメとムチを使い分けているだけ』なんて思っていたり、『僕だってこんなことやりたくないんだ』と中には被害者ぶるDV男だっているのです。

一方的な暴力でなくても激しい夫婦喧嘩での暴力もほっておくのは危険です。

夫婦間にトラブルはつき物です。
しかし相手の機嫌を常に伺って生活しているのって夫婦生活は破綻していますよね。

『もう暴力を奮われるのはいやだ』そう思っているのに抜け出せない方は世の中にいます。

『私さえ我慢すればいい』たしかに最初はそうかもしれませんね。
ある程度気が済んだら優しくされることもあるでしょうし、
お酒を飲まなければ暴力など奮わないという方もいますから。

その優しさの部分だけに目を向けてしまってたまに垣間見る悪魔の部分を見てみないフリしたらどうなるでしょうか。

子どもの寝ているときだけだった暴力が、おきている間にも受けるようになったら、子どもの目にはどう映るでしょう。

トラウマになってしまう可能性は十分にありますし、『これが当たり前だ』なんて思ってしまうことがあるのです。

そうなってしまうと、夫や妻の暴力に対してなんとも思わなくなり、友人に手を上げることに後ろめたさなんて感じなくなるかもしれません。

『自分にだけ』だと思っていた暴力が実は虐待も同時発生している可能性だってあります。

『子どものためには両親揃っていたほうが良い』そんな風に思っているのにじつは子どもが不幸になる原因をあなた自身も作ってしまっている可能性があります。

一度でも暴力を奮われたら、いつ離婚しても困らないように行動すべきです。
傷の診断書を取る、日記をつける、わざと人前でお酒を飲ませて第三者に証人になってもらう。

シェルターなど避難できるところの確保や実家への相談など出来るだけ早く動いてください。
周りに相談できる人がいないなら無料掲示板などで相談することで経験者からのアドバイスがもらえるなんてこともあるでしょう。

モラハラもDVも洗脳されてしまってからではなかなか抜け出せない状況になってしまいます。

モラハラ男の場合はあなたのことを孤立させようとしてくる場合がありますから、自分の両親や友人でさえ簡単に連絡が取れない状態にされたりするでしょう。

『暴力を奮われているわけじゃないから…』なんてDVではないと言い訳していないで精神的に苦痛を強いるモラハラ男からの決別もしっかりと考えなければなりません。

嫁姑など義実家との関係がうまくいかなくて離婚を考えていることもあるでしょう。
結婚というのは夫婦だけの問題ではなく、家族同士の関係も大事ですよね。

子どもを作りたいと思っているのに、介護が降りかかってくるなんてこともあるでしょう。
子育てと介護の両立はとても大変です。

『お前は仕事をやめろ』なんて夫から一方的に言われて納得していませんか?

一度職を離れてしまえばなかなか同じ条件の再就職先を見つけるのは難しいですし、イチからの人間関係を構築するのはかなりしんどいですよね。

離婚しようかと心に過っているなら仕事はぜったいに辞めないほうが良いです。

親権を取りたいと思っているなら、仕事がなく収入がないとなると強く出られない可能性もあります。

実家の両親の協力や行政サポートなどもしっかり調べておきましょう。

離婚原因で多いのが『浮気』
これも一度ほどなら再構築を選ぶ夫婦は多いです。

DVでもモラハラでも証拠さえしっかりあれば慰謝料をもらえる場合がありますが、浮気で離婚するとなると、夫や妻からだけでなく愛人からの慰謝料も取ることが出来ます。

離婚まではしない場合でも徹底的に証拠は集めておきましょう。

これは『損をしない離婚』をしないためにもっとも重要なことなんです。

浮気を証明するためには『不貞行為の証拠』が必要になりますよね。
それはなかなか個人で尾行したり携帯を覗くだけではつかめるものではありません。
しかし、自力で集めた証拠が多いほど探偵に依頼して浮気調査をした際に費用も時間も節約できる可能性があります。

愛人や間男が職場の人間だった場合には収入面も把握できるでしょうし、既婚者である事を知った上で関係を持っているというわけですから有利です。

『バツイチじゃ再婚は難しい』そうおもっている方もいるでしょう。

婚姻関係にあるうちは、他の相手と行為をすれば浮気になります。
しかし離婚してしまえば恋愛だって自由に出来ますよ。

夫の浮気に対する仕返しに、浮気をして仕返してやろうなんてする人がいますがおすすめしません。

ご自分が夫の浮気の証拠をしっかり集めていないのに、自分の浮気も『おあいこでしょ?』といったところで徹底的に証拠集めをして離婚を切り出したものが勝つのです。

離婚した後は『もう結婚はこりごり…』なんておもう人もいるでしょう。
しかし、時間がたてばもう一度自分の人生を歩みたいをおもったり、相手から結婚したいと申し込まれることもあるかとおもいます。

もし、一度の離婚をしたとしても、自分有責で離婚してない場合にはそこまでバツイチって印象は悪くないと言われているんです。

初婚の方がバツイチの方と結婚した場合でも『前の奥様の浪費癖で離婚した』とか『他の男との子どもを黙って育てていた』なんてどうかんがえても離婚理由に非がないとわかれば結婚にも積極的になるのではないでしょうか。

結婚は我慢・忍耐も必要である場合があります。
しかし、結婚したからと言って一方だけが我慢しつづける環境なんておかしいのです。

新しい人生を歩みたい、違うパートナーとの人生を送りたい。
そうおもっているなら離婚後からスタートしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA