妻の浮気発覚!男親が子どもの親権をとるためにすべき事

無料掲示板の2ちゃんねるなどを見ていると「夫の浮気に悩んでいる妻」よりも「妻の浮気に悩む夫」や「妻である自分の浮気が夫にバレそう」という相談が多く見られます。

妻の浮気というのはドラマで話題となりましたが、主婦やママ友のランチ会で「彼氏がね」などと堂々と恋ハナをしている方も中にはいて「夫と離婚する気は0だけど刺激は欲しい」と昼顔妻を楽しんでいるようです。

昼顔妻というのは、午前中に家事を済ませてしまい、空き時間に間男と密会したり、パート後に少しの時間浮気相手と一緒の時間をすごしており、おめかしをすることなく、普段着で会っているというのが特徴ですのでなかなか夫が気づかずにずるずると不倫関係を続けているということも多いんです。

なかなか見つけることが難しい妻の浮気。

元アイドルのように寝室に間男と寝ているところに帰宅することが出来れば話しは早いのですが…

最近はメールよりもLINEでメッセージのやり取りをする方が多くなっていますが、このLINEで妻の浮気が発覚することが多いようです。

LINEをすでにお使いの方はご存知かと思いますが、LINEはメッセージが届くとポップアップに相手の名前とメッセージの一部が表示されます。

ここに男性の名前と「今度いつ会える?」なんてメッセージがきてるのを目撃すれば浮気を怪しんでしまいますよね。

ですが、ここで妻を問い詰めてLINEの履歴を見せてみろと問い詰めたところで、
「ただの冗談よ」「出会い系の迷惑メール」「こんな人知らない」とシラを切られてしまうでしょう。

妻が寝ている間にLINEに怪しいメッセージが届いたら自分のスマホカメラで撮影しておくなど些細な証拠であっても貯めておきましょう。

妻が浮気しているかどうかを見極めるには、妻の行動をよく監視しなければ見破ることはできません。

最近妻の束縛がキツくなったと感じていませんか?
浮気をしていると「自分がしていることを相手もしているのでは?」と疑ってしまったり、間男と密会するために夫の行動パターンを把握しておきたいと思うのです。

夫の出張に興味なんてなかったはずなのにねぎらいの言葉をかけたり、頻繫に帰宅時間を確認してくる場合は間男と密会中かもしれないのです。

間男との密会にとくにおしゃれする様子もなく出かけて行ってるとしても、いつもブラトップなどのパット付キャミが洗濯されているのに突然上下見たことのない下着がまぎれていたり、2ヶ月に1度程度だった美容室通いの頻度が増したりしたら危険信号かもしれません。

野球やサッカーなどのルールもわからない、選手の名前も知らなかった妻が突然選手の名前をすらすら言ったり、詳しくなっていれば間男の影響かもしれません。

そして、妻の浮気相手として候補に挙がりやすいのが元恋人です。

最近ではSNSで旧友とつながることが簡単になっており、名前を検索するだけで元彼がヒットすることもあります。

過去に好きだった男性から「久しぶり」なんてメッセージが個別にきて「一度会おうか」なんて流れになってしまうことも。

妻が一日中SNSに夢中になっているなら、メールやLINEなどを使わずSNSでメッセージのやり取りをしているかも知れません。

妻のスマホを覗きみることが出来れば間男との会話や写真などなんらかの証拠はつかめるでしょう。

妻がお風呂に入っている間や就寝中にこっそりと妻の携帯を見るというのも浮気を見破る方法ではあります。

もし妻の携帯を見れるのでしたら、LINEなどのメッセージをやり取りできるアプリ、メールや発信・着信履歴をチェックするでしょう。

SNSやフリーメールもしっかり確認して欲しいところ。

ラブラブなやり取りを見つけた際には、心底がっかりするでしょうし浮気していることは決定的となってしまいます。

「妻が浮気していれば離婚」「離婚しても親権は渡さない」と決めている方も多いですよね。

しかし、もし妻有責で離婚した場合も親権は妻にいくことが多いということをご存知ですか。

無料掲示板などの相談では「浮気した妻が子どもを引き取っても悪影響だ」などという意見から親権を取りたい。
好き勝手した妻の自由になんてさせないという思いから親権を取りたいと思っている方もいるようですが、もし、あなたが子どもを引き取った場合、しっかりと養育は出来ますか。

学校へ通わせるお金だけではありません。
3食ご飯は食べさせれるのですか?
送り迎えは出来ますか?
行事への参加は出来ますか?

「両親は他界しているので、親には頼めない」「収入は高いが残業が多い職場なので子どもと会えない」などという場合には子どもの養育は難しいでしょう。

しかし、妻が間男と密会している間、子どもをお風呂に入れ、休日は子どもを連れて出かけたり、部活の練習に付き合う。

仕事は在宅でもできる環境にあるなど、子どもの養育にお金だけでなく環境も用意できる。
子どもが「浮気するママとは暮らしたくない」と言った場合、親権をあきらめるのはやいです。

浮気した妻と離婚し親権を取るという目標がある場合、妻と浮気相手両方から慰謝料をとることが出来ます。

あなたが親権を取るなら妻に子どもの権利である養育費も請求しましょう。

そのためにも、確実に「浮気をしている証拠」ではなく「間男と肉体関係を持っていることがわかる証拠」をぜったいに用意しなければなりません。

しかも、一回きりの肉体関係だけでは証拠としての効力が低くなる可能性もあり、メール履歴や手紙などを証拠にあげても決定的証拠とはならないかもしれません。

損しない離婚をするための確実な証拠をつかむために興信所に依頼をして不貞行為の証拠を集めましょう。

探偵に浮気調査を依頼するメリットとしては、浮気を疑っていないフリをして生活を続けながら的確に証拠集めが出来ること。

子どもと過ごす時間を妻と間男の密会の尾行に費やしても身バレしたり、トラブルになったりする心配もありません。

子どものためにお弁当を作ったり、一緒に食事をしたりした記録は、SNSで写真付で投稿して残したり、日記をつけたりしましょう。

両親の協力を借りて子育てをしていくのなら両親とのコミニケーションを構築しなければなりませんし、お手伝いさんを雇うのでしたら子どもとの相性も考えなければなりません。

スムーズに証拠集めがしたいなら、間男と会うチャンスを作り出すというのも手です。

「夏休みなどに子どもを連れてキャンプへ行く。君は家でゆっくりと過ごしていいよ」
「年末年始の帰省は俺が子どもを連れていくから」などと妻とは別々に過ごす日を設けてみましょう。

間男と密会するチャンスを作ってその間に探偵に尾行してもらえば決定的証拠は時間をかけることなく集まるのではないでしょうか。

妻の浮気が発覚すると同時に夫婦の共有財産を使い込んでいることまで発覚したり、借金が見つかるなんてこともあるのです。

財産分与で損をしたり、借金が自分の身に降りかかってこないように浮気調査中には自分で資金の把握もしておきましょう。

妻が有責の離婚でも親権は取れないとあきらめかけていたあなた。
子どものために離婚という道は避けたほうがいいのではないかと思っている方。

子どもというのは親の変化には敏感である事が多いです。

妻の浮気とまでは把握していなくても、夫婦仲が悪いなんて雰囲気は察知します。

妻のほうが子どもと過ごす時間が多い場合には、あなたの悪口を子どもに吹き込み有責側の妻の思い通りになることも考えられますので証拠集めにばかり気を取られずに子どものケアにつとめてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA