浮気を繰り返す夫と『離婚するメリット』VS『再構築するメリット』

夫の浮気、あなたが勘付いたのは何度めでしょうか。
初めての浮気なら許す?
二回目なら制裁する?
何度繰り返しても離婚だけはしない?

夫の浮気が発覚した際、
『夫が悪いのはわかってるけどやっぱり愛人が許せない』そう思う奥様は多いようです。

女の敵は女。
夫の浮気は、夫婦間の裏切りではあるものの、妻のプライドを傷つける行為でもあるわけです。

夫の浮気相手が一人の場合もあれば出会い系などを利用して後腐れない関係での浮気をする人もいます。

それではいろんなパターンの浮気についてみていきましょう。

ガールズバーやキャバクラのお姉ちゃんと密に連絡を取り合う。
ハナの下を伸ばして営業メールだと気づかずに店に通ってたり、プレゼントしていたり食事をしていたり(同伴・アフター)など、彼女たちは営業活動として店以外で会うことがあります。

水商売の世界で客を引っ張るには肉体関係を持ったらオワリという人もいますが、一度肉体関係を結んでおけば優位に立てると思っている方もいます。

夫が既婚者だと知ったうえで複数回の肉体関係を結んだ場合には不貞行為として訴えることはできるでしょう。

ですが夫が自分の意思でお金を払って通う風俗は浮気として訴えられないこともあるでしょう。

病気などが怖いと思うなら性交渉は控えたいところ。
しかし、セックスを拒み続けるとセックスレスでも離婚原因として訴えることができるので突然夫から離婚を切り出されてしまうかもしれません。

浮気相手が水商売の女性の場合、もっとも気をつけたいがお金。
肉体関係を持たなくてもあの手この手でお金を吸い上げてしまう人もいます。

親の手術代に留学費用、生活費など甘い声でお願いされたら、夫のお小遣いの範囲を超えてしまうでしょう。

夫婦共有の財産や子どものための貯金などはしっかり把握しておかないと、いつの間にかマイホームのための貯金専用口座がカラっぽ…なんてことも…

職場の部下や取引先の女と不倫する。

優しくミスをカバーしてくれる上司、一緒にプロジェクトを成功に導くために力を合わせる。
仕事ができる夫の姿を真近で観ている。
そんな環境で夫にほれる女というのも出現してしまう可能性はあります。

『奥様やお子様がいて2番手でもいいんです』なんて若い女に言われてのぼせている旦那様もいるでしょう。

社内恋愛×不倫というのは究極にスリリングだと経験者は言います。
奥様にバレてはいけない、職場の人間にバレてもいけない罪の共有をしているわけです。

スマホの普及でメッセージのやり取りはLINEが主流になっていますが、社内メールで連絡をとりあっていたり用意周到。

しかし、浮気をしている二人の独特な雰囲気ってバレていないようでバレているもの。

元々職場が同じで結婚した夫婦なら職場とのパイプは細く長くつなげておいて夫の監視を頼むのも良いでしょう。
あることないこと噂は立ちやすいものですから…。

会社の行事などに参加するのは腰が重いと感じるでしょうが、参加することで浮気防止にもなります。

『夫がいつもお世話になっています』と言いながらうちの夫に手を出すなと牽制もできるわけです。

出会い系で手っ取り早く性処理。
一番やっかいです。
肉体関係を持っているものの一度限り。
既婚者だということを黙って肉体関係を持つ事もあるでしょう。

LINEもフェイスブックもミクシイも日常を公開するという以外に個人同士でメッセージのやりとりができるということから、浮気相手発見器として利用している人もいます。

未成年に知らずに手を出したり、援助交際の相手をすれば社会的地位が問われるなんてことも…

いろんな浮気がありますが、浮気を繰り返す夫にうんざりしているあなた。
『もう離婚してしまおうか』そんな考えが何度も過っているのではないでしょうか。

しかし同時に『離婚して本当にいいの?』そう思っているのではないですか?

贅沢は出来ないにしても専業主婦で子どもとの時間をたっぷり取れている今。
離婚してしまえば、生活のために仕事に出なければいけない。
両親に頼れるのか、養育費は取れるのか。
慰謝料はどのくらい取れるのだろうか。

そんなことを考えていたら、今の生活のほうが良い。そんな思いになるのではないでしょうか。

浮気の慰謝料の相場は一般的に50万から300万円。

もちろん愛人から慰謝料が取れる場合もあります。

最高額の300万円が取れたとしても生活は出来ますか?
復職できる見込みは?
子どもの将来は?
財産分与が有利に進められても、婚姻期間が短いと独身時代の夫の貯金はアテに出来ません。

養育費は子どもの権利ですから取れるとしても、もし夫が再婚なんてしたら新しい家族のために減額を要求してくるかもしれません。

浮気を繰り返す夫と離婚すると決断したのでしたら、仕事と住む場所。
最悪の場合、自分だけで子どもを育てられるかまで考えなければなりません。

夫の浮気の証拠を探偵に依頼して集めている間に資格を取って就職活動をしているという方もいます。

離婚をしてもメリットが少ない。
そう思うなら徹底的に浮気を清算させなければなりませんね。

中途半端な証拠を出して問い詰めても言い訳されたり、ほとぼりが冷めたら浮気相手とコソコソ連絡を取り合うでしょう。

今まで愛人に流れていたお金を阻止したり、生活費を入れなかった夫に制裁すれば元の生活は取り戻せるかもしれません。

再構築をすると決めた場合にも不貞の証拠はしっかりとりましょう。

証拠さえあれば愛人から慰謝料を取れます。
不倫の代償を痛感させれば二度と浮気相手が夫に近づくことはないでしょうし、不安なら『二度と密会はしません。もし約束を破った場合は一回につき30万支払います』など念書にサインさせることも。

これからの生活を守りたいなら証拠集めは自力でするよりも興信所に依頼したほうが懸命です。

スマホを観ているところがバレたり、尾行がバレてしまうと二度と証拠が取れなくなることもあるでしょう。

浮気を許してやろうとこちらが折れているのにも関わらず、夫から『離婚したい』と切り出されてしまうこともあるかもしれません。

証拠が何もない状態では、浮気相手から慰謝料を取ることもできず、最悪の場合性格の不一致で離婚するなんてことになってしまい損をするでしょう。

証拠さえ握っておけば、離婚するか再構築するかの決定権はあなたが握れるのです。

浮気をした代償として今後の結婚記念日にはプレゼントを贈ること。
家族を年2回の旅行につれていくことなどを約束させるのも良いでしょう。

夫両親や自分の親を味方につけたいときも証拠があるのとないのとでは対応が変わってくるでしょう。

とくに姑は自分の息子が一番なわけですから証拠もなく夫の浮気を疑っていれば
『勘違い』などという言葉で片付けられてしまうでしょう。

夫の浮気を見破ったり早く察知したいなら夫の友人を敵に回さないというのも重要なようです。

友達ぐるみで浮気を丸隠しされたらなかなか見破ることは出来ません。
男同士で借りをつくってSNSなどでカモフラの手伝いをしていることも。

男友達とばかりつるんで寂しい思いをしている。
そんな風に思ってしまうかもしれませんが、浮気されるよりはマシかもしれませんよ。

結婚する際は『浮気したら即離婚』そう宣言していても離婚するにも再構築するにもメリットデメリットはあります。

証拠さえつかんでおけばメリットを見比べてあなたが主導権を握ることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA