離婚理由No.1の『性格の不一致』は浮気を疑うところから始まる

 

『健やかなる時も病めるときも…』と誓い合い夫婦になったものの、『やっぱりこの人じゃない』と離婚という二文字が過ったことのある方は男女関らず多いはす。

なぜ離婚になるのか離婚理由トップ10の10位から順に見てみましょう。

10位『同居に応じない』
こちらの離婚理由については夫側が離婚理由としてあげることが多いようです。
義両親との同居というのは、嫁姑問題が大きく影響します。
『うちの姑は良トメ』と言っていられるのも適度な距離があるからこそ。
お盆や年末年始だけなら耐えられても、同居となれば話が別だと思う奥様は多いです。

最近では子育てがひと段落したら仕事復帰をして夫婦共働きを望む方は多いです。
同居だけでなく、もし舅・姑の介護までの話しになれば、仕事をやめて両親の介護をして欲しいと望む夫に対して、奥様の不満が爆発するなんて事も。

結婚当初は『長男の嫁だしいずれかは…』なんて心構えをしていても嫁姑の折り合いが悪いなんて事もありえますし、両親が元気なうちは関心を持たなかった夫が急にはっちゃけて『長男の俺が両親と同居して支える』なんて突然言い出してしまうことで離婚問題に発展することもあります。

 

9位『家庭を省みない』
せっかくの休日なのに趣味に没頭する夫。
仕事を言い訳にして毎晩遅くまで飲み歩いたり、家事の負担を妻にまかせっきりにしたまま家庭をかえりみない夫に妻の不満が爆発してしまいます。

『子どもが成人するまでは…』
『専業主婦だから』と我慢し続けていた妻が子どもも家庭を持ったり自立し、夫が定年退職し退職金が入った瞬間に離婚を切り出すなんて事もあります。

熟年離婚を切り出され『定年後は妻と二人で旅行にでも行こう』なんて考えが覆されてしまうなんてことも…

逆に、共働きで妻が子どもにきちんとした食事を取らせない、子どもの送り迎えも旦那任せ。
など育児、家事をしない妻に対して旦那が不満を募らせるなんて事も考えられます。

 

8位『セックスレス』
セックスレスなどの性的不調和は離婚理由として法的に認められています。
最近では産後クライシスという言葉もよく耳にしますが、産後性生活を拒否する妻もいます。
デリケートな問題なだけに相談もしにくいセックスレス。
放置してしまいがちですがほっておくと浮気に走ってしまうなんてことも。

 

7位『実家依存』
義実家との折り合いが悪いというのは昔からある問題のひとつではありますが、最近問題視されているのが『嫁の実家依存』です。
母と娘が仲良い親子といえば聞こえは良いですが、夫と少し言い合いになったくらいで即実家へ帰る。
休日のたびに子どもをつれて実家へ帰る。
婿入りしたわけでもないのに突然妻から『私の親と同居するためのマイホーム』計画を聞かされてうんざりするなんて事も。
親も娘がかわいいと完全に娘の味方をし、実家依存がすすんだり、中には離婚を後押しする親もいます。

夫婦同士話し合えば解決する問題であっても第三者である義両親が口を挟んでこじれてしまい離婚に発展してしまうなんて事もあります。

 

6位『浪費癖』
結婚する前にお金に関する価値観はしっかり見極めたいものではあります。
ギャンブルにハマってしまって隠れて借金が発覚したなんていうのも離婚原因のひとつ。
ストレス発散、寂しさをまぎらわせるために好き勝手にショッピングするのも浪費癖。
専業主婦だった頃は『これを買いたいんだけど』と相談していた妻が仕事に復帰してから相談もなく高額な買い物を事後報告。
『これは私のお金で買ったから』とサラっと言ってしまうのも夫の不満だそうです。

 

5位『経済DV』
夫が生活費を渡してくれないというのも離婚原因として大きいです。
最近ではモラハラなどという言葉を耳にする機会も増えましたが、経済DVもモラハラの一種です。
お金を趣味に回すなんて事もありえますが、愛人にいい格好をしたくて生活費を渡さずに愛人とのデートに使っているなんて事も考えられます。

夫婦や親子には生活保持義務が発生します。
生活費を渡さないなんていうのは法律で許されていません。

 

4位『暴力』
配偶者に対する暴力、DVが離婚理由第4位にランクインです。
最初はつっこみ程度で頭をこずかれた。とか頭をはたかれたなんてのもDVの始まり。
夫婦喧嘩でも手を上げたら最後と言われています。
DV被害が慢性化してしまう危険性は『普段は良い旦那、良いパパ』であるという自己解釈。
暴力を受けているという自覚がないままの方もいます。
妻のヒステリックにより物を投げる、暴力を振るわれる夫もいます。

DVは刑事罰の対象となります。
デモデモダッテ…と暴力を正当化してごまかさないでください。

 

3位『不貞行為』
浮気による離婚。
『不倫は文化』なんてドヤ顔で言ってのけるトレンディー俳優が大バッシングを受けるほど不倫は世間体も悪く、最大の裏切り行為です。

一昔前までは『夫の浮気と愛人』がテーマになることが多かったのですが、昨今では『昼顔』の影響もあり『妻の不倫』にも注目が集まっています。

ママ友のランチ会で堂々と『最近彼氏がね』なんて話す子育てママもいるといいます。

ランキングでは3位ですが、離婚しなくとも浮気問題というのは夫婦生活にとってとっても影響のある問題です。

『愛情が感じられない』
『家事分担に協力的じゃない』
『子育てを妻にまかせきり』
などの理由で離婚を決意し、財産分与だけで離婚した後で、配偶者が一年未満に再婚。

実は不倫関係からの再婚が明らかになって悔しい思いをするなんて事もあります。

浮気に気づかずに離婚してしまうと取るはずだった慰謝料をとり損ねるなんて事もありますから離婚問題に直面したら浮気はしていないかもしっかりチェックすべきです。

『あなたの●●のせいで』『お前が全部悪いんだ』『離婚したかったわけじゃないけど仕方がないよね』とあたかもあなたに原因があるように離婚話しをされ、納得したのにまんまと浮気の事実を隠して離婚したなんて話しもネットではあふれています。

『男は浮気をする生き物』『男は狩人』なんて言葉もありますが、本当に浮気をしてバレてしまえば夫婦生活が終わってしまう可能性は非情に高いです。

最近では共働きで経済的にも自立している妻が多いですから、あっさり離婚を選択し、夫をばっさり切り捨てるなんて事も多いんです。

夫婦生活が終わるだけでなく多額の慰謝料、親権も配偶者に取られて、結婚後に貯めた財産も分けられるなんてリスクの高いことを火遊びで片付けるのは危険ですね。

 

2位『精神的暴力』
三船美佳さんと高橋ジョージさんの泥沼離婚騒動で『モラハラ』という言葉が世間に認知されましたが、『これがモラハラなら私はずっとされていたわ』なんて無自覚のまま結婚生活を続けていた方もいます。

暴力という力でねじ伏せる方法ではなく『お前は何をやってもダメだな』など人格否定をされたりと精神的な嫌がらせをされることがモラハラになります。
『誰のおかげでメシが食えているんだ』など妻が育児や家事をしているのを無視して精神的ダメージを与えるのもモラハラです。

言葉でダメージを与えるだけがモラハラではなく、無視をする・大きなため息をつかれる・軽蔑した目を向けられるのをサイレント・モラと言われています。

暴力を受けるDVなどは怪我をすれば診断書を得ることが出来ますが、モラハラは立証が難しいといわれており、泣き寝入りする方が多かったり、『離婚さえしてくれればもう何もいりません』と逃げるように離婚を求める人もいるモラハラ。

まずはこれはモラハラでは?と気づくことが第一歩となるようです。


1位『性格の不一致』

性格が合わないという理由で離婚する夫婦が一番多いのですが、ずいぶんぼんやりしていますよね。
円満離婚といわれるのも性格の不一致である事が多いです。
『妻の浮気なんて世間体が悪いから性格の不一致ということで』
『育児放棄でなんて再婚に悪影響だから隠したい』
などの理由から性格の不一致で離婚したとは言っているものの、本当の理由が隠されているなんて事もあります。

『あなたとは価値観が合わない』『譲り合えないなら離婚だ』とパートナーに言われ続ければ
『たしかにそうかもな』と思ってしまいがちで『長引くと子どもにも悪影響だから』と離婚に了承した場合。
離婚後に重要な見落としが発覚してしまうなんて事もあるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA