自力で集める〔不貞の証拠〕スマホで浮気相手を見付ける方法

 

妻に・夫に浮気がバレた。
浮気がばれてしまった材料といえば携帯やスマホということが多いようです。

携帯やスマホは多くの方がプライバシーの塊だと思っていますから、いくら身内であっても勝手に見られたり、覗き見るということに罪悪感を感じるはず。

しかし、日常の中で「あれ?なにかおかしい」など行動を怪しまれると、
浮気なんてしてなかったという安心感を得たい反面、何かここに証拠があるはずだと何か核心を持って覗き見ているようです。

まず、浮気を疑われるスマホに関する怪しい行動はないかパートナーをチェックしてみましょう。

●トイレや脱衣所にまでスマホを持ち歩く
●寝る時に枕で隠したり隠している
●かかってきた電話を目の前で出ない
●「携帯貸して」と言ったら異常な嫌がりをみせる
●スマホ画面を伏せておいている
●常にサイレントモードに設定している
●LINEのポップアップを非表示にしている
●複雑なロックをかけている
●電話に対応した際の声がよそよそしい
●あなたが認識している以外にももう一台契約している携帯がある

肩身話さず持ち歩くのは怪しい行動でも有名ですね。
今まで充電器に差しっぱなしで放置していた人が、携帯を持ち歩きだしたら、携帯を見られるのをいやがっている証拠です。

寝ている間にスマホを見られるのがいやだという方はパジャマのポッケに入れたまま就寝したり、枕の下に入れて寝ているなんて事もあるようです。

常にサイレントモードにしておけば、本命といる際に浮気相手から電話やメールがあっても「誰から?」なんて聞かれて言い訳を用意しなくても良いですし、ちらちら気にする必要もありません。

呼び出しランプが光ってるのを見られて「着信あったんじゃない?」と言われないようにスマホを裏返して机においているのも怪しい行動だといえます。

スマホロックにも色々種類がありますよね。
パスコードを誕生日に設定していた人がこまめに複雑な数字にかえたり、スライドロックだった人が突然パターンロックにした場合は怪しいです。
スマホは個人の情報以外に他の方の個人情報も入っているわけですからしっかりと管理しなければいけないものではありますが、2重のロックをかけているなどはやりすぎかもしれませんね。

スマホ保有者のメッセージのやりとりはメールではなくLINEがほとんどになっていますね。

メールなら新着メール1件という表示でしたが、LINEの場合はポップアップ表示昨日があります。

誰からメッセージが着てるのかがわかる名前とメッセージの冒頭部分が表示されます。
「仕事で残業だわ~」と言っていた旦那のスマホに「昨日はと~~ってもたのしかった」
なんてきていたら「なんだこれは」となし修羅場になることは目に見えています。

これを防ぐためにポップアップを非表示設定にすると「メッセージが届いてます」というポップアップになりますから、誰からどんなメッセージが届いているかはアプリを開くまでわかりません。

やましいことがない、既読をつけずにメッセージを見たいという方にとってポップアップは「これならあとで開こう」とわかって便利だという声が多いんですが、浮気をしている方にとっては致命的になることも多いようです。

LINEは個別に通知音の設定も出来ます。
男友達からのLINEはポンポン音が鳴るのに、たまに音が鳴っていないのに、メッセージが届いている。というなぞの現象。

これは浮気相手からメッセージが来たときのみ通知をOFFにしているのです。

「もし浮気をしていたら浮気相手から慰謝料と取ってやる」
「浮気発覚したら即離婚。親権も渡さないし相手有責で別れてやる」
そう思っているのなら浮気の証拠集めにスマホは重要なものとなるでしょう。

離婚したり慰謝料を要求するためには、
●●ちゃんと世間話のやり取りをしているだけ・何度か食事に行ってる間柄っぽい
というだけでは浮気の証拠にはなりません。

水商売のお姉ちゃんに物を買ってあげたっぽいというのも、奥様の誕生日に他の女性と会っていたなんてのも許しがたい行為ではあるのですが
「配偶者以外の人間と肉体関係にある」事が重要となるのをご存知ですか?

浮気のボーダーラインって人それぞれ違いますよね。
話しただけでも浮気・手をつないだらアウト。二人っきりで食事をしたらだめ、セックスしなければOKなど差がありますが、不貞行為=肉体関係の有無です。

この不貞の証拠をつかむためには、まず怪しい異性をピックアップしなければなりませんね。

パートナーの身から離れたスマホを覗き見るチャンスがある・スマホのパスを突破できるという場合には、まずLINEから見てみましょう。

トーク画面一覧から頻繁にやり取りをしている異性はいないか、名前は男なのにアイコンが女性という不審な人はいないでしょうか。
浮気相手の目星がつき不信なメールのやり取りを見つけたらスクショをとって転送したり、カメラで撮影しておきましょう。

肉体関係を持ったことがわかるやりとり、「奥さんにバレてない?」など既婚者だと知りつつ関係を持っていることがわかる文章などは見逃さないようにチェックしましょう。

浮気相手とLINEでやりとりをすると浮気バレを恐れて浮気相手とはメールでやり取りをしていると徹底した対策をしている場合もあります。

個別にフォルダを分けていないか、ドコモメールなどキャリアメールだけでなくGメールやiCloud?メールなど使い分けている場合もあります。

LINE以外にメッセージやり取りの出来るアプリをインストールしている場合もチェックしましょう。

スマホをゆっくり見る時間がないという方も多いかと思います。
LINEアプリはスマホとパソコン連動している方も多くいます。

「うちの妻はパソコンに疎い」なんて安心しきっているならねらい目。

着信履歴や発信履歴もしっかりチェックしましょう。
夜中に「●●株式会社」から着信があるなんて事はないでしょう。

浮気相手の名前を●●株式会社として登録しているかもしれません。
非通知から頻繁に着信があるなんて場合には、アドレス帳の非通知を調べてみてください。
非通知という名前の下に番号が出てくることがあります。

GPS機能を使って居所を追跡することも可能ではありますが、浮気している人間がGPS機能を切ったり電源を落としてしまうでしょう。

場所を突き止めるのは難しくても、出張中に追跡できなくなったり、電源を落としたら怪しいと判断することはできそうです。

今回は、スマホ、携帯で浮気相手を見つける方法などをご紹介しました。
パートナーも浮気相手も「障害のある恋」にのぼせ上がり、バカみたいに
「昨日のお泊りは幸せだった」とか「また●●ホテルで奥さんには内緒のことしようね」なんて証拠を与えてくれれば証拠集めは楽でしょうが、ほとんどの浮気は「離婚するつもりなんてサラサラないただの火遊び」であり、配偶者にバレて離婚を言い渡されることを怖がっているわけですからメールなどの履歴はキレイさっぱり削除している場合が多いでしょう。

巧みに浮気を隠す方法を知っているということは初めての浮気ではないのかもしれません。

なかなか浮気の証拠がつかめない、携帯を見るという行為が後ろめたい、自分の手を汚さずに浮気の証拠を集めたいと思っている方は、下手に自分でスマホを覗き見てしまって妄想を膨らませてしまったり、無料掲示板に張り付いて相談し生活に支障を出すくらいなら興信所に頼んで浮気相手との決定的な場面を証拠で撮ってもらうことを選択し、配偶者と浮気相手両者にたいして制裁をしているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA