探偵が教える『浮気の証拠の掴み方』

妻の浮気を疑っているという方。
すでに浮気の証拠はつかんでいますか?

まさか証拠もないのに妻を責めたり、浮気を決め付けて「離婚してやる」と画策していませんよね?

はっきり言って浮気の証拠を持たないまま相手を責めたところで素直に認める確率は非常に低いでしょう。

「専業主婦なのに昼間の外出が増えてる」といっても子どもの学校行事、ママ友との付き合いを断れずに外出しているかもしれませんし、「生活費と使いすぎている」なんて問題も子どもの部活や塾、イベントなどで仕方のない出費かもしれません。

では、奥様の携帯の中に異性とメールしているのを見つけてしまったらどうでしょう。

父子家庭のパパとの連絡、塾の先生や家庭教師の可能性はありませんか?
名前だけで浮気と判断していないでしょうか。

妻の浮気が発覚したら離婚を考えている方や、再構築するにしてもお灸をすえたいなんて考えている方は浮気の証拠の集め方と、浮気発覚後の行動でその後が大きく左右されるということをまず知っておく必要があります。

今回は探偵が集めておくべき浮気の証拠と、浮気している方の行動などを解説していきましょう。

浮気の証拠で必要なものというのは「不貞行為の証拠」です。

これはつまり「間男と肉体関係がある」ということを証明しなければならないのです。

このことを頭に入れた上で浮気の兆候を見てみましょう。

【携帯・スマホにまつわる浮気の兆候】
浮気相手との連絡は固定電話ではなく携帯で取り合いますよね。
電話で話す以外にメールやLINEなどでメッセージのやり取りをしているのではないでしょうか。
着信があった場合、間男の名前と番号が表示されたり、LINEであればポップアップで名前とメッセージの一部が表示されてしまいます。

浮気が発覚する原因はスマホを覗き見たからという方も多く、スマホはプライバシーの塊ですから自分以外の人間に触れさせなくなるでしょう。

浮気を疑っているなら、一緒にいるときに非通知設定にして奥様の番号にかけてみましょう。
まず、奥様が目の前で着信があったら出るかどうかを見ましょう。
もしも、浮気をしており、間男との連絡を取っているとしたら、旦那様の目の前で堂々と電話にでるなんてことはないでしょう。

非通知設定で着信がある事に対して不気味に思う人も多いですよね。
「非通知なんだけど誰だろう」とあなたに話したりしたら浮気している可能性は低いですが、着信を無視して何食わぬ顔をしていたら、「もしかして間男から??」なんて内心どきどきしているかもしれませんね。

そして着信があるのを突っ込んでみましょう。
「電話着てるなら出てもいいんだよ」と。

きまづそうな顔をしていたり、その後すぐに「買い忘れたものがある」なんて外出したら、間男に確認電話をしている可能性があります。

ちょっと携帯貸してと言ってみて、全力で拒否されたら何か隠したいものがあるという表れかもしれません。

スマホ画面を常に下に向けて置いている・就寝時に自分以外の人間に触られないように枕の下に入れる・手帳型のスマホケースに変えて携帯画面を簡単には見れなくするなんて行動も浮気を隠すための対策である可能性は高いです。

常にサイレントモードにしている・LINEのポップアップを非表示にしているかも要チェック。LINEの場合音が鳴っていないのに数字が表示されているのは個別に通知をOFFにしている可能性があります。
公式LINEなど緊急性のないものを設定していることが多いようですが、浮気相手を非表示にしたり通知オフにしている方は多いです。

【夫への態度の変化】
バレないように浮気相手と会うためには、ご主人が仕事や子どもが学校で家にいないときになります。
ご主人が飲み会や泊まりで出張のときは貴重な密会のチャンスなわけです。

夫の帰りが遅いと常に怒って不機嫌だった妻ですが、浮気をしていれば間男と会えるチャンスが増えるわけですから「今日飲み会で遅くなるなら」といえば「あら~大変ね~」なんて上機嫌になったら危険!

そして以前は出張や残業に興味を持たなかった妻が「今度はいつ出張に行くの?」「慰安旅行って何日間いくの?」など興味を持ち始めたら…
残念ながら、夫の心配ではなく、間男と密会するスケジュール調整をしたいという場合があります。

主婦の空き時間に合わせることの出来る仕事をしている間男も存在しますが、ほとんどの場合が隙間時間で密会しているワケですから、夜の外出が増えたなんて場合も浮気の可能性が高いです。

今まで主婦業を完璧にこなしていた妻が、お惣菜を食卓に並べることが増えた・洗濯物が溜まってる・掃除が手抜きになっているなんて場合には、昼間間男と密会し家事がおろそかになっている場合も。

少し前に話題となった「昼顔」では、朝のうちに完璧に主婦業をこなしたり、パートが終わってからの数時間で密会するなんて事もありますから、生活面での変化は男性には気づきにくいでしょう。

妻の変化を敏感に感じ取り、浮気しているかどうかの判断をするのは、よく妻のことを観察していれば意外と簡単に見極められます。

「髪型を変えたのにちっとも気づかない」なんて日ごろから言われているご主人はもう少ししっかり家庭を見守ってみましょう。

万が一妻が浮気をしていることがおおよそ確定した場合、
離婚や親権争いをする、間男から慰謝料を取る。
浮気発覚後のことはまだ決めてないが、証拠をつかみたいと思っているなら必要となるのは不貞行為の証拠です。

妻が間男と肉体関係を持っているかどうかの判断は出来ていますか?

毎日メールのやり取りをしたり二人っきりで食事に行ってるなどがわかるメールや写真はスマホを見ることが出来れば見つかる可能性は高いです。

しかし、複数回肉体関係がある事を証明するには、ラブホテルに出入りする写真などが必要となってきます。

「よしっ!尾行だ」と思ったあなた。
ちょっと待ってください。

サングラスや帽子、マスクで完璧に変装したつもりでも、すぐにバレてしまう可能性があります。

それに、うまく尾行できてるつもりでも、相手に気づかれており、巻かれたり、わざとビジネスっぽく接して「勘違いだったかな」と思い込まされることもあるでしょう。

ターゲットを素人が追うと駐車違反をしたり、怪しい行動を不信がられる事もあるでしょう。

不貞行為の証拠を確実に取りたいなら、自力で集めることの出来た情報を持って興信所に依頼することをオススメします。

興信所を選ぶ際に注目したいのが即日調査できるかどうか。
即日調査をするためには探偵の数も所有している調査車の数も多い探偵事務所であるほうが良いでしょう。

たとえば、「2泊3日で地元の友人の結婚式に出る」「子どもを連れて実家に泊まる」など妻が一人になる状況を作り出します。

間男との都合があえば思う存分密会することでしょう。
ピンポイントで狙って証拠集めをすることで短期間で証拠が集まり、調査費用も節約することが出来ます。

「たとえ妻の浮気が発覚して離婚になっても父親が親権を取るのは難しい」というのを聞いたことはありませんか。

もし妻に親権を渡したくないのであれば、探偵に依頼し証拠集めをしている間、子どもの送り迎え、家事など養育の実績を作ったほうがよっぽど有意義です。

探偵の調査費用をケチってしまえば証拠集めの段階で浮気を清算されたり、間男が逃亡して慰謝料をとりっぱくれてしまいます。

浮気の証拠がつかめないまま離婚となれば、慰謝料を取れなかったり、財産分与、養育費で損をしてしまうこともありますから浮気の証拠は確実につかみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA