妻の『復職したい』『資格を取りたい』は離婚準備の兆候?

「最近妻の態度が冷たい」そう思っているあなた。
妻からのサインを見逃していませんか。

未婚率が高くなり、少子化の今、離婚する夫婦も増えているのです。

妻は家庭を守り、夫が外で仕事をする。
妻には専業主婦を希望していても、経済的に困難になれば妻がパートに出たりすることもあるでしょう。

夫の扶養内で働いているとはいえ、専業主婦であった頃よりも社会に出た分、出会いは増えることもあるでしょう。

最近は美魔女なんて言葉もあるほど、年齢を重ねてもキレイな女性が多く居ます。

あなた以外の男性が奥様のことをキレイだなと思ってもおかしくないわけです。

そして、少し前に話題になった昼顔妻。
パートに出て、マイホーム購入のための資金を稼いでいるはずが、ひょんな出会いから間男に出会ってしまって不倫の道へずるずると踏み込んでしまう。

「うちのに限ってないない」なんて笑っているサラリーマンを見たことがある反面、ランチ会でママ同士が「夫以外の男」の話しで盛り上がっている光景も0ではないのです。

一昔前なら女性から「離婚したい」と口にすれば、「これからの経済面はどうするのよ」「一回の浮気よりも生活の維持を優先すべき」なんて言われていましたが、最近では、子梨夫婦はバリバリと働き、共働きな夫婦が居ますし、子育てもそこそこに副業しているママさんもいます。

どっぷりと夫の収入だけに頼って…という状況が少なくなっていることもあり、SNSで「離婚しました」と公言すれば「おめでとう」と返ってくる時代なのです。

「うちのに限ってないない」そう信じ続けるのは自由です。
しかし、最近の妻が何かおかしいと違和感を感じている方は「もしかして浮気?」と心を過っているのではないでしょうか?

最近流行りの昼顔妻というのは、間男と密会する前に家事を完璧にし、パートもしっかりこなし、それでもできる隙間時間で間男と逢瀬します。

特別な化粧をしたり、おしゃれをするわけでもなく、いつものメイク、いつもの格好で会うので奥様のことを日ごろからよく見ていないと気づかないかもしれません。

ですが、好きな人に会うわけですから、間男と肉体関係があるなら下着に気を使ったり、ボディーケアを始めたりするでしょう。

いつもスポーツブラやパットつきキャミばかり洗濯されているのに、上下セットの下着が干されていたり、洗濯籠に入っていたら要注意です。

いくら派手なメイクをしないとはいえ、白髪染めは定期的にしたり、ダイエットに励むのは恋する乙女そのもの。

ワンダーコアに美顔機、チアシードにスムージー、とミランダカーの切り抜きを貼りだしたら女子力全快です…

妻の浮気を怪しんでいるのならスマホにも注目しましょう。

わかりやすい行動としては男も女も一緒です。
常に携帯を持ち歩くということは、突然のメールや着信に対応できるようにするためだけでなく、自分以外の人間に携帯を触らせないようにしているのです。

スライドロックだけで簡単にロックを解除していた妻が、複雑なパターンロックに変更したいりしていれば要チェック。

常に持ち歩くはどう見ても怪しいだろうと、スマホをテーブルにおいてるようでも、常に画面を下向きにおいていたり、サイレントモードにして音を消していたり、画面が見えないような手帳型カバーをしていたら浮気の証拠を見られないための対策かもしれません。

じっくりと妻のスマホを覗き込みにくいという人は多いと思いますから、「充電なくなりそうだからスマホ貸して」とか「そっちでしか取れないアプリゲームあるんだけど~」と口実をつけて妻のスマホに触れるチャンスをつくりましょう。

即答で「嫌」といわれたら、浮気が確定とまでは言いませんが、あなたに見られたくない何かがスマホに潜んでいるかもしれません。

奥様たちの中で、フィギュアスケートの羽生選手やラグビー選手の五郎丸選手が人気です。
好きな選手のスポーツが好きになってハマるというパターンももちろんありますが、、実は趣味の変化は間男の影響である事も多いんです。

あなたが野球を見てても他の事をしていた妻が「今の順位ってさ」などと詳しくなっていたりしたら、間男の好みに合わせて勉強しているなんて事もあります。

妻の浮気を怪しんでいるのなら証拠をつかみたいところですが、証拠で思い浮かぶのはまずスマホですよね。

がっちりロックがかかっていたり、常に持ち歩かれていればなかなかこっそり見るなんて事は出来ないでしょう。

しかし、女性は機械に疎い方が多いのも事実です。

SNSで「スマホのデータが消えた…バックアップ取ってないからアウトー」なんていってる女性いますよね。

わざわざデジカメを持ち歩かなくても、今はスマホカメラでそれなりの写真が撮れちゃいます。

「スマホのバックアップ取らないと大変なことになるよ」と脅せば、スマホとパソコンを同期するでしょう。

パソコンを持ち歩く人は多くはないかと思いますから、パソコンから妻のスマホの中身をチャックする人も多いです。

浮気していることを確信している男性は古いスマホのカメラ機能を使って自分が仕事に出ているときの妻の行動を監視したなんて人もいます。

「妻は浮気なんてしていなかった。俺の思い過ごしだった」そういう結果になるのなら結果オーライですが、浮気を疑うまでいっている場合、真っ白である可能性は低いようです。

妻の行動を監視したいと思えば思うほどGPSや携帯の同期など必死に妻の行動を探ろうとしてしまい、仕事が手につかなくなってしまったり、夫婦間にいやな空気が流れてしまったりして浮気を疑っていることがバレてしまう事があります。

妻が浮気を清算したり、証拠隠滅する前に証拠を集めることが出来れば勝ちなわけですが、奥様と間男の間に肉体関係があったことを証明することはできますか?

一緒に食事をしたり、何度も二人っきりであっていた証拠を見つけても「相談をしていた」「ただの友達です」と言い逃れをされてしまうかもしれません。

元アイドルのように間男を連れ込んでいる寝室に帰れる奇跡なんてめったにないでしょう。

そこで頼りになるのが興信所です。

浮気調査のプロといえば探偵。
しかし、探偵に依頼するにしてもちょっとしたコツがあります。

「もしかして浮気してる?」程度で依頼しても、潔白だったり、肉体関係までいってない場合もあります。

ある程度、メールの履歴やパソコン履歴、SNSでの動向は自分でチェックしておき保存しておきましょう。

間男との時間を作ることで子どものお迎えの時間に遅れたり、子どもを嫁実家に預けているかもしれません。

嫁両親から孫へのプレゼントが増えていたり、子どもからじいじばあばの話しが頻繫に聞こえてきたら、きちんと記録をとれば、何曜日の何時頃に間男と会っているか見えてくることもあります。

毎週水曜日に会っていると目星をつけたなら、調査をピンポイントで依頼したり、その日に
わざと間男と密会するように仕掛けることもできるのです。

「今度の水曜に両親が孫と●●に行きたいって言ってるんだけど預けるか?僕も行くから君は自由にしていいよ」なんて言っておけば喜んで間男と密会のスケジュールをたてるでしょう。

調査費用や時間を短縮するためにもある程度の自力の証拠集めも必要です。

「仕事復帰したい」「資格を取りたい」などと妻が言い出しても要チェックしたいですね。
家計を支えるという意味ではなく、夫と離婚して自立したい、反対にあなたの過去の火遊びがバレて離婚を切り出されるなんて事もありえます。

浮気はパートナーにとっての裏切り行為。証拠をつかまれたら終わりだと思ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA