浮気相手からも慰謝料を取る方法

LINEで異性からのメールが来てるのを見てしまった
最近出張や外泊が多くなった
突然離婚を切り出された。

パートナーの浮気を疑ってしまうようなこの状況。

はっきりとした証拠はすでにつかめていますか?

浮気が発覚したらまず「離婚するかしないか」と決めるより先に「証拠集め」に集中すべきです。

離婚する気もない、浮気を問い詰めるつもりもない。
今の家庭を壊すつもりもない。

こういう場合は、わざわざ浮気の証拠を集める必要なんてないと思ってしまうかもしれませんが、後で「あのとき証拠を集めていれば…」と後悔しても遅いのです。

浮気は一人で出来るものではなく、必ず相手が居ます。
こちらは離婚する気がなくても、愛人や間男が家庭を壊そうとしてくることだって考えられるのです。

愛人宅に入り浸り、別居状態が続けば、夫婦関係は破綻しているということで離婚できる場合だってあるのです。

こうなったとき、あなたが「離婚するつもりなんてない」と訴えた際、何も証拠がない状態であるのと、浮気の証拠があるのとでは全然違うわけです。

浮気相手との関係を清算させる際、慰謝料と取る際、離婚で優位な立場を確保する際と証拠があなたの立場を有利にしてくれるということを忘れないでください。

今後のことを考えるよりもまずは、「浮気をしているかどうか」を見極めなければいけませんよね。

LINEで異性とのメッセージのやり取りを目撃してしまって浮気が発覚するパターンは最近多いですね。

ポップアップに異性の名前とメッセージの一部が表示されます。

しかし、最近の水商売の営業メールもLINEに移行しつつあるようです。
水商売の営業メールを浮気だと勘違いしてしまいこっそりLINEを見てしまったところを夫に見られてしまい、浮気は勘違い、携帯を見たことを責められてしまった方もいます。

何か怪しいと感じたものに関しては自分のカメラで撮影し証拠を残しておくのは大切ですが、すぐにその場で問い詰めたり、携帯を見てるところを見られてしまっては立場が逆転してしまうこともあるわけです。

スマホを覗き見る場合は細心の注意を払って的確に証拠を集めたいですよね。

まずはLINEです。
LINEは会話履歴一覧と、友達履歴がありますが、怪しい会話履歴がないときは友達一覧で個別に会話を開いてみていきましょう。

LINEというのは非表示設定にすると、設定した相手との会話は会話一覧に表示されなくなります。

会話履歴に怪しいものがないからとスルーしたらとんでもないものが隠れている場合もあります。

呼び出し音を個別にOFF設定にしているようなら、ますます怪しいです。
名前を変えている場合もあります。
男の名前なのにかわいいペットの写真や女性の写真、女性の名前なのにイカツイ車の写真のアイコンなどの場合はしっかり会話履歴を見ましょう。

最近メッセージのやり取りをするのはLINEが主流となっているのですが、浮気相手とはカカオトークでやり取りをしているなんて人もいますよ。

メッセージアプリをインストールしているならしっかりチェックして浮気の証拠をつかみましょう。

浮気相手が出会い系で出会った場合というのもあります。
出会い系のアプリやサイトに登録していないか。
あなたが把握していないSNSをやっていないかもチェックしておきましょう。

やり取りするだけなら浮気とはいえませんが、実際に待ち合わせをしていたり、サポートに答えているなんて場合はかなり経験が高いかもしれません。

スマホの中をゆっくり見れない。という場合もあるかと思います。
浮気している人はプライバシーの塊であるスマホを長時間手放しません。

トイレやお風呂はもちろん、寝ているときも枕の下に入れて寝るなんて事もあるでしょう。

携帯をうっかり忘れて見れるチャンスが来てもがっちりパスワードでロックされていることも…

スマホを見れない場合は家に置きっぱなしにされているパソコンにトライしてみましょう。

フリーメールで浮気相手とやり取りしている可能性もあります。
ヤフーメールにログインしっぱなしの場合はチェックしたり、SNSのメッセンジャーを利用している場合もあります。

盲点となりやすいのが検索履歴です。
おしゃれなレストランの予約や、浮気相手との旅行をパソコンでしている場合も。
浮気相手の名前や住所などが以外なところから出てくる可能性がありますのでパソコンはじっくりと調べてみましょう。

浮気をしているかどうかについては、スマホやパソコンのほかにゴミ箱から出てくる可能性もあります。

高級ホテルの領収書、クレジットカードの利用明細など。
出張だと言っていた日に、別の宿泊施設を利用していれば怪しいですよね。

毎週決まった曜日に飲み会が入ったり、残業だという夫や妻に浮気疑惑を持っている場合、会社から出てきた夫や妻を尾行して何をしているのかを突き止めたいという衝動に駆られてしまうでしょう。

会社の近くのカフェで待機して出てくるのを待つ。
この方法はオーソドックスかもしれません。
あなたは夫や妻しか見ていないでしょうが、会社の方があなたを目撃している可能性はあるのです。

面識はなくても家族の写真を飾っていたり、SNSで顔を知られていたりすれば、「さっき奥様を見かけましたよ」なんて言われている可能性もあります。

そうなれば浮気相手と密会するのはキャンセルし、まっすぐ家に帰ってきたり、「何をしてるの?」と声をかけられて尾行は失敗します。
一度尾行に失敗してしまうと「こいつは浮気を疑っているな」と勘付かれます。
そうなれば浮気を清算したり、浮気相手と密会するペースを減らしたりすることもあるでしょう。

スマホもパソコンもセキュリティーを強化されてしまい証拠がつかみづらくなってしまいます。

こうなってしまっては「浮気していること」しか証拠はつかめず肝心の「不貞の証拠」がつかめないままになってしまいます。

離婚しなくても、不倫関係を清算させるために相手から慰謝料を取るという方法はかなり効果のある制裁方法です。

口約束だけで「もう会いません~」なんて言ってても職場が一緒だったりするとずるずる関係を続ける可能性があります。

慰謝料を取るために必要なのが不貞の証拠。
肉体関係があることを証明するためには、ラブホテルに出入りする写真や車の中で行為をする映像、肉体関係がある事がわかる会話のスクショなど。

しかも一回キリではなく複数回でなければ効力が低くなります。

慰謝料を取るためには、不貞行為の証拠だけ集めても無駄足となってしまうかもしれません。

「出会い系で知り合ったから本名も何してる人かもわからない」なんて言い逃れされる前に探偵を雇って相手の身辺調査もあわせてしてもらいましょう。

相手が専業主婦で収入が無くても、相手の旦那さんに請求だって出来ます。

調査料を節約するためには自力での証拠集めもあわせて行いましょう。
大体の目星がついているなら証拠は挙がりやすいですし、即日調査が可能な探偵事務所に依頼すれば、「飲み会」「出張」などと言われた瞬間に依頼することも出来ますし、旦那や妻に「一人になれる時間をプレゼント」して浮気相手と密会するチャンスをつくることも出来るのです。

言い逃れが出来ない証拠を集めてこそ、浮気を認めさせることが出来ます。

自力で集める証拠には限界があります。
確実な証拠集めをして、慰謝料を取りたいと思っているなら探偵の力を借りてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA