男女別で浮気に走ってしまう年代の順位と傾向

男女別で浮気に走ってしまう年代の順位と傾向というのがあります。

まずはこちらをご覧下さい。

① 浮気に走る年代ベスト3<男性編>
1位 50代
2位 40代
3位 30代

ランキングにはしましたが、実際は僅差の割合です。

「お金」「妻との不仲」…走ってしまう50代の浮気とは50代は全体として社会的な地位が安定し、収入も増える傾向が高いので若い頃には見向きもされないような女性でも振り向いてくれることが増えます。

皆無になった夫婦の営み、でも自分の性欲は全然現役、そんな若々しい50代も増えている昨今、あまったエネルギーを家庭の外に求めるのかもしれません。

”妻の妊娠”がきっかけで疎遠に…そして陥る30代40代の浮気とは妊娠中は夫婦生活が減ってしまうもの。
出産後の妻は気持ちが子供に向いてしまいがち。

かまってくれない寂しさとまだまだ強い性欲から、自分の体のはけ口を他の女性に求めてしまいがちです。
こうやってみてみると、夫の浮気は常に注意が必要です。
普段からささいな変化に敏感になりましょう!

② 浮気に走る年代ベスト3<女性編>
1位 40代
2位 30代
3位 50代

男性と比較して、1位と3位が逆転してますね。
どの年代も、子育てが落ち着いて余裕が出てきた頃に浮気心が芽生えます。
妊娠、出産、育児と、若いときは自分の時間を持てないでいましたが、子供の小学生くらいになると徐々に自分の時間が持てるようになます。
やっと夫と二人の時間を作れると思っても、40代30代の夫は仕事に遊びにガンガン行ける世代なので、妻ではなく外に気が向きがちです。
そしてさみしくなった妻は他の男性に目が移り恋に落ちてしまいます。
男性の不倫は体の解消が多いですが、女性は心底好きになってしまう場合が多いので、気が付いた時にはもう手遅れということも。

年齢?
円熟味?
自信?

50代女性が浮気に走る理由の最大の要因3つとは!?

■1:アレルギー反応の軽減
50歳以上の女性は、花粉症の影響が減少すると言われています。
それは年齢を重ねると、免疫グロブリンE(IgE)というのアレルギーの原因となる物質の生成量が減少するからです。

エイドリアン・モリス医師(サリー・アレルギー・クリニック)によると、「アレルギーをもつ人のIgEの量は、幼少期は増加傾向、10代から30代まで安定傾向、40代から50代になると減少傾向になります。

そして、60代から70代になるとアレルギー反応は穏やかになっていきます。
アレルギー患者の子どもや若い人たちが多いんです。
高齢の方のアレルギー的な症状は、大概が非アレルギー性のもので、原因は喫煙や投薬、天候の変化、感染症などです」
とのこと。
ただ、深刻な過敏症(例ピーナッツなど)は軽減しないそうです。

■2:片頭痛の減少
片頭痛持ちの女性の40%は、65歳までには治まってしまうとの研究があります。
頭痛の原因の大半は、月経周期の停止によるものなのだそうです。
月経停止とともに片頭痛がなくなる、あるいは軽減する女性は67%にものぼるのだとか。
理由は片頭痛の原因物質であるエストロゲン(女性ホルモン)が減少するためです。
残念な事に男性にはそのような現象は起こり得ないそうです。

■3:汗が出にくくなる
年齢を重ねると汗腺が縮小し、感覚が鈍ります。そのためデオドラントを使う量は少量で済むことも明らかにされています。
研究では、中枢刺激、あるいは末梢刺激への反応の低下や、加齢によるエクリン汗腺の構造変化によって、52歳から62歳の女性は、20歳から30歳までの女性よりも少量の発汗量で済むそうです。
※Menjoy!より引用

旦那さん、あなたかもしれませんよ?浮気されやすい夫の特徴とは?
私が浮気するのはあなたにも原因があるのよ!

そんあ声もありました。

ある既婚男性は、「逆説的ですが『しょーもない男性』とつきあってるような女性が浮気しやすい」と、男女の浮気の考え方には違いがあると指摘。

才色兼備、良妻賢母な妻でもつい浮気心が働くのが男性であるのに対し、女性は夫が申し分ない男であれば、なかなか浮気には走らないと分析しています。

また、「浮気をしてしまう女性の多くは旦那様に失望した方々だと思います…」(みなみさん)、「夫との関係が止まってたり、構ってくれなかったり愛を感じなかったら浮気に走るかも」(アラフォーさん)といった回答が聞かれました。

All About「妻を浮気に走らせた夫たち」では、《気が利かず自分のことしか考えられない夫》、《無口で無表情でつまらない夫》、《はっきりしない優柔不断な夫》など、様々な浮気されやすい男性の特徴が書かれています。

自分の浮気性を夫のせいにして正当化するのは考えものですが、思い当たる節がある方は、今一度関係を見直して夫婦の会話やスキンシップを大切にするなど、意識して改善していくことが浮気を防ぐ手段かもしれません。
※Hackより引用

<浮気女性の欲しいものとは…欲しいのは「ラブロマンス」>
性欲を発散するセックスフレンドという男性の浮気や不倫と比べて、女寂しさや心の不安も満たしてくれて、女性としての自信を取り戻してくれるような男性を求めるようだ。
このほかにも、「彼とは2年付き合って一応ラブラブを装っているけど実際マンネリ。
彼とのデートは彼のお家ばっかり、でも浮気相手の彼は温泉旅行やサプライズプレゼントをしてくれるのでずっと愛を感じる」(20代前半/飲食)
「私の話は棚に上げて仕事の話ばかりの旦那。これじゃあ主婦じゃなく私は家政婦。
そんな時、私を女性として大切に扱ってくれて求めてくれる男性と出会ったので、不倫することはしかたなかったと思う」(30代前半/専業主婦)
平凡な日々よりもラブロマンスを大事にする男性に女性は弱いことがこれらの意見から見てとれる。
単純に性欲だけを満たせば浮気を防げるわけではないのが、女性の浮気の特徴と言える。
※modelpressより引用

浮気されたくない!浮気を防ぐ方法はあるのか?
女性の浮気には「理由」が存在します。

根本的に、「パートナーをそれ程好きではない」などが最たる物。
独身女性の恋愛観は、「現在の恋愛が最高だからこれで最後」とは考えない。この点において男性のとは大きく異なります。

既婚女性においても同様に浮気をする「理由」があります。

家庭を顧みない、稼ぎが少ない夫に浮気をする。
不満の理由が解消されなければ「離婚」という手も。
女性は実に現実的で現在の状況に関心が高いといえます。

<浮気する女性の防止対策はあるのか?>
物理的欲求を満足させる事(家事の不満、余暇の時間、物欲の充実など)が出来ればその場しのぎの防止対策になる。
しかし、女性の本質を満足させるには問題が別にある。

「無口な男性の愛情表現」が通じる女性と通じない女性が存在するため、「妻がいる有り難みを感謝し、理解してもらう」ことが最大の浮気防止対策と考える。
※アーガスリサーチの探偵ブログより引用

50代熟年女性が不倫(浮気)に陥ってしまう切ない心理とは?

<もう一度女として見られたい>
熟年世代の定義は曖昧で、ここでは40代~60代のことを熟年世代とします。
40代は子どもが学校で家を空けるようになり、50代は子どもが独立、60代にもなれば子供も家庭を持つこともあります。

2、30代は結婚、出産など、仕事と家庭で精一杯なのですが、問題はその時期を過ぎてから。
子どもに掛かる時間がなくなり、夫婦で過ごせる時間が増えるけども、以前と違い何だか異性として見られなくなってしまった・・・なんてことはよくあります。

女性は出産を経験してから、結婚後の心境が大きく変わります。
妻から母になり、男性は女性を母として見るようになる。
そうなると女性が妻、女に戻った時の受け皿がなくなるのです。
女性が不倫や浮気などの出会いを求めるのは、女に戻ったときの心の寄り処が欲しい、という願望が強いからではないでしょうか?

<家庭生活の不満・ストレスから解放を求めている>
現代は女性の社会進出も進み、専業主婦、パート、社員と、各家庭によって生活環境は異なりますが、日常生活はストレスと隣合わせです。
元は他人同士だった二人。それが同じ屋根の下で日々暮らしているわけですから、ストレスが溜まらないはずがありません。

専業主婦は社会から孤立しやすく、刺激を求めて出会いを探す人が多いようです。
反対に仕事している女性でも、家庭と職場の鬱憤が溜まりに溜まって出会いを求める傾向にあります。
家庭生活が充実するほど不倫をする確率は低いですが、いくら夫婦仲が良くても満足度が100%という女性はなかなかいませんから、どの女性にも浮気心は潜んでいると考えてよいでしょう。
※熟年不倫出会い体験談より引用

では50代の既婚女性はどんな男性を求めるのでしょう?

-50代既婚女性が浮気相手として選ぶ男性

1位 元カレ、元浮気相手などの過去の交際相手
2位 異性として魅力的な男性
3位 年下の男性

この年代での浮気は、過去にも浮気の経験がある方に多く見られます。
独身時代から関係を持っていた男性と別れられずにズルズルと関係を続けているか、互いに家庭を持つ者同士で関係を持つケースがあるようです。
体よりも心な相性を重視し、寄り添えあえる仲なので、離婚は考えずに付き合いだけが続くこの年代の傾向です。
※東京探偵事務所より引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA