『こんなはずじゃなかった』嫁姑問題を悪化させないための結婚前身辺調査

結婚するとき、誰もが幸せになる未来を夢見て誓いの言葉を言いますよね。

「この人しかいない」と思ったから将来をゆだねよう、一緒に生きていこうと思うわけですが、結婚した後に『こんなはずじゃなかった!』そう思うこともあるでしょう。

育った環境が違う二人がひとつの家庭を築くわけですから、価値観の不一致などは生活していく中ですり合わせていかなければなりません。

すべて自分が正しいと思っていては夫婦生活はうまくいくはずがないのです。

しかしどうにもならない問題というのが発生します。

まずは金銭感覚のズレ。
独身時代は稼いだ分は自分のもの。
貯金に回そうが、金欠で悩もうが、借金しようが自由だったわけですが、結婚すればお金は自分だけのものではなくなるのです。

独身感覚のまま『自分の働いたお金だから』『結婚前に貯めた貯金だから』と相談なしに高額なものを購入されたら夫婦でもめてしまうでしょう。

夫婦間で生活費はどうするのか、お小遣い制にするのか、財布は別にするのか、月々の著金額はいくらにするか、家計の管理はどちらがするのか。

結婚前にきちんと話しあっておかないと『こんなはずじゃなかった』となりかねません。

金銭感覚といえば浪費や買い物だけが問題ではありません。
結婚してから借金が発覚してしまうこともあるでしょう。

クレジットカードのリボ払いが貯まってしまえば相当な額になってしまうことがあるでしょう。

結婚して妊娠が発覚すれば仕事を休んだり退職する可能性もあります。
独身時代のクレジットの支払いはしっかり清算しておかないと自分の首をしめることになってしまうかもしれません。

車のローンやショッピングローン以外にキャッシングについても把握しておきたいですね。
結婚前に借金はないか口頭での確認をすることはあるかもしれませんが、ないよと言われて鵜呑みにしていたら実は借金があったなんて事もあるでしょう。

過去にギャンブルにハマっていたなどは要注意。
結婚してから家計を別にしていればお小遣い全部をギャンブルにつぎ込んでしまうなんて事もあるかもしれません。

最近では高額な婚約指輪や結婚式の資金調達のためにローンを組むということもあるようです。

消費者金融からの融資は年収の3分の1までしか融資を受けれないと総量規制で決まっていますから、年収が300万円なら100万までは融資を受けれるはずです。

しかし今現在、30万の融資を返済中でしたら100万円の融資を受けれないということで発覚してしまうこともあるようです。

芸能人の泥沼離婚で話題となっている『モラハラ』これも結婚前はわからなかったということが多いですよね。

同じく『DV』というのも結婚後の突然変異として問題となります。

あなたは結婚後に夫が突然DV男に豹変したと感じてるかもしれませんが、元々そういった素質を持っていることが多いんです。

元彼女なども暴力がきっかけで別れている可能性は0ではありません。

結婚前、旦那の友人に紹介されることもあるでしょうが、最近では結婚式を挙げないカップルも増えています。

旦那の交友関係を把握できていないなんて事もあるでしょう。

元彼女に手を上げて問題になっていれば友人も距離をおくでしょうし、堕胎経験なども隠されたらわからないまま結婚する事もあるでしょう。

結婚は愛するもの同士がするものではあるのですが、二人がよければそれでOKというものではなく、彼の家族に仲間入りするという事になります。

そこで問題となるのが嫁姑問題。

結婚前は優しいと思っていた義母でも、結婚してみれば嫁いびりが始まるかもしれません。

『息子の世話になるつもりなんてない』なんて言っていても、介護が必要になれば同居話しが浮上してくるかもしれません。

お金もちの義実家だと思っていたら、子どもの収入に頼りっぱなしで『月々●円仕送りして』なんて要求されてしまうなんてことも。

夫の収入から仕送りする場合、口出しにくい問題ですが、夫婦の貯金に回したいと思いますし、子どものためだって貯めたいですよね。

独身時代から仕送りが当たり前だと両親から言われていれば辞めるように説得するのは難しいでしょう。

結婚する前は兄弟がいるなんて聞いていなかったのに実は兄弟が居たなんて事もあるようです。

引きこもりの弟が居る、疎遠だが前科のある兄がいる。
結婚してから聞かされてもどうすればいいの?となりますね。

関わらなければOKなんて甘い考えでいると、相続問題で大モメしてしまうこともあるでしょうし、障害者が身内にいる場合、義両親が亡くなればあなたが介護しなければならなくなるかもしれません。

結婚後に『こんなはずじゃなかった』そう思いたくないと思っているなら結婚前の身辺調査をしてみませんか?

結婚相手の身辺調査って実はしてる人多いんです。

今はセレブな雰囲気をかもし出しているけど会社は怪しいところじゃないのか。
お金持ちの義両親だけどなんとなく違和感を感じる
子どもの頃の写真を見せてくれない
兄弟がいるみたいだけど会ったことがない
収入が把握できない
何か隠し事をされているようだ

こんな気持ちを抱えたまま結婚して本当に大丈夫ですか?

身辺調査では、過去はもちろん現在についても徹底的に調査することが出来ます。

借金はあるのか、過去の交友関係、仕事場について、身内の情報など。

キレイな女性だと一目ぼれしスピード勝負でプロポーズしたものの、整形している過去を隠されているかもしれません。

子どもが奥様に全然似てなくて、疑問に思っていたら整形を告白されたなんて事も…

こんなことも結婚前にしっかり調査していれば防げるわけです。

『好きな人を疑うなんて気が引ける』そんな風に思いますか?

確かに、愛する人に疑われているというのは悲しいことです。
しかし過去について相手から質問攻めされたらいい気分ではないはずです。

関係がこじれてしまう事もあるかもしれませんが、興信所に調査を依頼すればこっそりと身辺調査が出来てしまいます。

不安を解消してから結婚にすすめるというのは大きなメリットかと思います。

もし調査もせずに重大なことを隠されていたとなれば最悪の場合出世の道を閉ざされたり、子どもをあきらめなければならないなんて場合もありますし、スピード離婚になってしまえば婚姻中の財産を譲ることになるかもしれません。

結婚前に同棲するとだらだらと婚期を逃すなんて言う人もいますが、期限を決めた上での同棲はオススメします。

お金の使い方や生活リズムに関しては半同棲ならいくらでもカモフラできてしまいますから。

『結婚するまでに身辺調査するなんて大げさ』そう思う人もいるかもしれません。
しかし、もし子どもが生まれて、『警察官になりたい』と夢を持っているのに、身内に犯罪者が居ればその職はあきらめなければならなくなります。

どう説得しますか?

『セレブと結婚が決まりそう』そう思っていても怪しい商売でお金を得ていれば最悪の場合逮捕なんて事もあるでしょう。

バツイチの方との再婚の場合、『元妻の浮気で…』なんて言われたら同情してしまうでしょう。
しかし蓋を開ければ彼の暴力が原因だったり、自分の浮気が原因であるなんて事も。

夫が浮気するたび証拠集めのために興信所に調査依頼することになるなんてことを思えば結婚前の身辺調査は消して大げさとはいえないでしょう。

自分自身だけでなく、娘や息子が婚約者を連れてきたが何か気になる…と思う親にも興信所の身辺調査はオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA