養育費の算定表

『離婚問題』に直面しているあなた。

離婚しようと心に決めたものの躊躇しているのではありませんか?
離婚は結婚するよりも数倍神経を使うなんていわれていますが、中途半端に離婚してしまうと損をしたり、悔しい思いをしてしまう結果となる場合があります。

たとえば『浮気発覚での離婚』
浮気による離婚は離婚理由の上位に常にランクインしています。

しかし…
ぼんやりしていると浮気に気づかずただの性格の不一致で離婚してしまうこともあります。

性格の不一致と浮気発覚での離婚では慰謝料が大きな差になります。

不倫の慰謝料相場は50万から300万と言われています。
収入の差ももちろん関係しますが、浮気の場合は証拠の有無が重要です。

『不貞の証拠集め』に苦戦している方は多いです。
夫や妻が浮気しているであろ証拠は、LINEやメール、SNSなどで発覚することが多いですよね。

しかし、二人の間に肉体関係があるかどうかの証拠までつかめていますか?

『こんな頻繫にメールのやり取りをしてるんだから絶対にそういう関係だ!』と決め付けたくなる気持ちも理解できますが、憶測では浮気の証拠とはいえません。

LINEやSNSなどのほかに手紙のやり取りもあるでしょう。
『いつものホテルで…』とか『今度の温泉旅行は…』なんて文章があればおそらく不貞行為はあるはず。

しかしその証拠はやはり写真や動画でおさえておいたほうが良いでしょう。

探偵ごっこがすきな友人に尾行してもらって証拠を押さえたり、自分で二人を追うなんてことも出来ますが、失敗してしまったら浮気調査はそこで終わります。

疑われているなと察すれば浮気を清算したり、これまで異常に警戒して証拠あつめがしにくくなります。

不貞行為の証拠集めというのは集めにくいわりに抜け道が沢山ある事を知っていますか?

たとえば、ホテルに宿泊すれば二人の間に不貞行為があると憶測されます。
ラブホテルに出入りする二人の写真と抑えることが出来れば『することはひとつ』ですから証拠として有力です。

しかし、これがビジネスホテルに出入りする写真、シティーホテルだったらどうでしょう。
レストランや会議室の利用だって出来ますし部屋に入っていないと言い切られてしまうことがあるでしょう。

部屋の前まで尾行しようと思ったらバレてしまう可能性はアップしてしまいます。

車の中で行為をしている写真が取れればかなり重要な不貞行為の証拠となりますが、芸能人でもないですからお金儲けのためにわざとそういった写真を撮るなんてこともないかもしれません。

育休を取ると宣言し、妻が臨月で出産前なのに浮気相手を家に上げてしまうなんてへまをしないとそんな証拠もつかめないでしょう…

車の中で行為をしているところを写真におさめようとすればかなり接近しなくてはならずバレてしまう可能性もありますし、複数回に渡る不貞行為の証拠を集めたいのに一度きりしか証拠が取れないなんてこともあります。

顔がブレていたりすれば当然言い逃れされますし、デジタル機器で撮影したものを証拠として出せば捏造だといわれる可能性もあります。

このように自分では完璧だと思う証拠でものうのうと言い逃れできてしまうと水の泡。

無料掲示板などの浮気問題の相談などでは必ずと言っていいほど、探偵を雇い浮気調査をすることを推奨しているのをご存知ですか?

自力で証拠集めをして自爆してしまうとそこで調査はストップしてしまったり、浮気現場を目撃しても冷静で居られると思っていたのに頭に血が上ってしまい配偶者と浮気相手に対して詰め寄ってしまい証拠が取れないまま修羅場になってしまうこともあるでしょう。

浮気が原因で離婚だったら、相手から慰謝料が取れたはずなのに、相手を殴れば障害、妻に手を上げればDVだと騒がれてあなたの立場が逆転してしまう危険性もあります。

一番信頼している人間に裏切られるというのは想像以上に神経を削られます。

それに、浮気の証拠を掴もうと必死になると周りが見えなくなってしまう方が多いです。
子供のことをほったらかしにして、八つ当たりなんてしてしまえば、もし離婚をなった場合に親権が取れる状態であっても子供の意思が尊重されてしまい一緒に暮らせなくなってしまうこともあるかも知れません。

浮気をしたことが一番悪いはずなのに、それを上回る洗脳を子供にする人もいます。

興信所に依頼して浮気調査をすれば無料でとはいきませんが、浮気の証拠を集めるために家を空けて尾行する必要もギスギスする必要もありません。

浮気の証拠を上手に集める方法はしっかり探偵に依頼して自分は浮気になんて気づいていないフリをするのが一番。

『バレるはずない』と愛人や間男との密会のチャンスを増やしてくれたほうがより上質な証拠が集まるのです。

妻が浮気して有責であっても父親に親権なんて取れないとあきらめている方もいるでしょうが、証拠集めをしている間に働き方を父子家庭のために変えることは出来ないか、このままのペースで働いても子供の養育のために実家の親が頼りにならないか。

浮気以外にお金の使い込みや子供への虐待はないかについてもしっかり調べて徹底的に親権争いをしましょう。

送り迎えや子供の行事への参加などについても職場の協力が得られるかなど次のステップに進むために自分なりに動くことは沢山ありますよ。

子供がいる夫婦にとって『養育費』についてよくわからないという方が多いかと思います。

養育費や婚姻費用の算定をする際に家庭裁判所が参考としている資料が養育費の算定表です。

まず養育費というのは、別れた夫や妻に対するものではなく子供の権利であるということ。
子供を育てるために必要な全ての費用ということです。

食費・衣服代・医療費・教育費・娯楽費などが養育費になります。
子供と一緒に暮らしている親から一緒に暮らしていない親に請求します。

養育費の額についての取り決めなどはありませんから基本的に両者での話し合いで折り合いをつける形になりますが、これで本当に妥当なのか、一方が滅茶苦茶な要求をしているなどの場合はモメます。

そこで目安として参考にされているのが養育費算定表です。

養育費を払う側の年収と、養育費を受け取る側の年収、子供の年齢と人数のデータで算出出来ます。

算定表はあくまで目安ですから、病気で働くことが出来ない場合だったり、私学に入学させたいなど家庭の事情によっても額は変動します。

家庭裁判所では養育費算定表で出た額が重要視されます。

最後に…
妻と離婚をして養育費を払っていたけど、元妻が再婚をした場合養育費はどうなるでしょうか。

「扶養にかかる協議または審判があった後事情の変更が生じた時は、家庭裁判所は、その協議又は審判の変更又は取消しをすることが出来る」とあり、妻の再婚もこの事情の変更に当てはまります。

再婚相手がお金持ちな方の場合、子供を養うことが出来るなら養育費の減額も可能です。
しかし子供を育てるのが難しい相手と再婚した場合には、そのまま養育費を支払うことになります。

もし養育費の減額が認められても、養育費支払い義務自体がなくなる訳ではありません。

再婚したけどやっぱりうまくいかず再び離婚してしまった場合には養育費の支払いを再会しなくてはなりません。

養育費を払っている側に出会いがあり再婚となった場合、自分の子供が出来れば養育費の減額は可能です。

これも事情の変更に該当し養育費の減額請求が出来ます。
しかし、スムーズに要求をのんでもらえることはめったにないでしょう。

『養育費が払えないなら、子供を作るな』となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA